売上を上げるためのコピーライティング 3つの壁を壊す!

読者には、「読まない壁」「信じない壁「行動しない壁」の3つがある。

これを壊さない限り、アクセスは延びないし、買ってももらえない。

この基本の壁を壊すためにどうしたら良いでしょう。

まずは、

 <読まない壁>

・「タイトルの重要性」
読者は、
タイトルを見て読むか読まないかを決めます。
ここで魅力的な記事タイトルを付けます。

タイトルの付け方的には、もちろん検索キーワードを意識して付けますが、
あくまでも読者目線を忘れてはいけません。

最初に、
検索する時のキーワードを盛り込みます。

そして、
更に重要なのは、「読者の興味のある言葉」です。

この「興味のある言葉」を見つけられれば、
「読まない壁」は簡単に突破できます。

常に意識をしていると、言葉は生活に溢れているので、
どんどんメモして、いつでも活用できる様にしましょう。

タイトルの付け方(人は第一印象で全てを決める)と言う記事も書いているので、良かったら読んでいってください^^

<信じない壁>

あなたも一緒だと思いますが、

訪問したブログで、「10000アクセスありますよ」って言われても、

疑いますよね。

それが普通の事なんです。

例えば、

「10000アクセスあります」と書きたい所を、
「11265アクセスありました(3/6、1日集計)」、
とすると信憑性があがりますよね。
より具体的に書くと効果的です。

また、
何かを説明する時は、言い切ることが必要です。
「○○らしい」とか「○○と思う」はNGです。
例えば、
「アクセスアップのためには、コメント回りをすると良いらしいです」とするのであれば、
「アクセスアップのためには、コメント回りが必要です」と、
完全に言い切りましょう。
言い切る事で、「自信がある」と思わせる事ができます。

また、
自分の実績で、
「10000円売り上げました」と書くのであれば、
実績の証拠写真を載せるのもアリですね。

<行動しない壁>

「読まない壁」と「信じない壁」を乗り越えたら、
次は「行動しない壁」がそびえたちます。

ここまで来たら、ひるまないでください!
必ず突破できます。

自分自身に置き換えて欲しいんですが、
たまたま見たサイトで商品を買うだろうか?

「僕は、間違いなく買わない」。

どんな人かも分からないし、
どんな物を売ってるのかも分からない。

それが、相手が顔見知りだとしたら?

ちょっとは考えますよね。

それじゃー、最近知り合った友達だとしたら?
更に、10年以上付き合ってる友達なら?

「絶対買わない」から「買ってもいいかなぁ」ってなりますよね。

つまり、
その人との人間関係なんです。
親密であればあるほど、買う条件が良くなります。

ですから、
読者との距離を縮めて、信頼を勝ち取るのが必要なんです。

それには、
常に有益な情報を発信して、
メルマガやステップメールで信頼関係を気づいて行くんですね。

・そして、まずは「行動する理由を与える」です。
例えば、アフィリエイトなら、
「売上が欲しいから 最後まで読もうかなぁ」とか、
「反応がゼロじゃ悲しいから 最後まで読んでやろうかな」と
言う気持ちになってくれているハズ!

これが「行動する理由なんです」。

どういう事かと言うと、
文章に「行動する動機」を盛り込むんです。
「行動する動機」を盛り込むことで、
次に読者は行動を起こしてくれます。

・次は、「行動を邪魔する要因を取り除く」です。
例えば講義を開催するのであれば、
●「初心者でも大丈夫?」
●「値段にみあった価値があるのか?」
●「他にどんな人が来るのか?」
などの疑問や不安があります。
これを取り除く必要があります。

ですので、
●「毎回、初参加の人も多数いらっしゃいました」
●「93%以上の人が値段以上の価値はあった!とご好評いただきました」
●サラリーマンはもちろんの事、主婦、学校の先生・学生等々、様々な方が参加されています。

としたら、「行動の邪魔をする要因」を取り除けそうじゃありません?

・最後に、「行動して欲しい内容を明記する」
「○○してください!」と明確に言う。

例えば、
「この記事を最後まで読んでください」。と書いたり、
「申込みフォームで申し込みしてください」と、
実際に行動して欲しい内容を書くと、
反応してくれる人が増えていきます。

以上が「読まない壁」「信じない壁」「行動しない壁」の壊し方です。