商品が売れる理由 買いたくなる3つのポイント

「商品が売れる理由 買いたくなる3つのポイント」とは?

物を売る事に抵抗のある人がいる。
でもね、
物を売る事で、
世の中は回っているんだよ。
車だって売られているし、
家だって売られている。
もっと言うと、
病院だって、病気を治してくれるけど、
その直すスキルを売って、現金を得ている。

営業マンと聞くと、
普通、少々嫌がられる所がある。
それは、
いきなりやってきて、商品を売っていくから。

手法的には、押し売りなんだけど、
そう言う営業をやっていると、
やっぱり嫌われる。

でも、
リアルの世界でも、
ネットの世界でも、
商品を手にしてもらい売上は発生する。

商品を買ってもらうには、
売りたい気持ちを
押さえて押さえて、
「今日はなんで来たの?」と、
言われる位じゃないと、
物は売れない。

<1>いきなり売り込まない。
初めて会って、いきなり売り込まない。
訪問して、
目的は伝えるが、
商品の紹介はしないで、
仲良くなるまで、
売込みをしない。

仲良くなって、信頼が付いたら、
そこで初めて、商品の紹介をして、
お客さんに商品を買ってもらう。

例えば、
初めての訪問で、
商品を売りに来たと言う目的は言うが、
商品の紹介をしないで、
ただ話をして帰って行くと、
「あの人、何しにきたんだろう・・・」と、
逆に興味を持ってもらう事に成功する事ができる。

ブログアフィリエイトも一緒で、
一切、売込みはせず、
有益な情報だけを紹介していくと、
「このブログって、ためになるよね!」と
興味を持ってもらう事ができる。

<2>独りよがりにならない。
相手が欲しくない所に、
メリットを説明しても、
買ってはもらえない。
しかし、
その商品を手にした未来に、
魅力的な人生が手に入るのであれば、
買ってくれる。

この魅力的な人生が大切で、
今欲しいと思っていなくても、
説明されて、欲しくなる時がある。
また、
信頼している相手の場合、
「この人が紹介してくれる商品だから!」と言って、
買ってくれる時もある。
こうなると、
青天井で売上が出る。

例えば、
ブログアフィリエイトの場合、
ブログの各ページで、
商品のレビューばかり載せていても、
有益な情報とはとらえてもらえないし、
楽しい記事だとは思ってもらえないよね。

また、
広告ばかり載せていても、
やはり、
「このブログって広告ばかりだよね!」
と言われてしまって、
興味が半減してしまう。

<3>悪いニュースを先に言う
どんなに信頼していても、
後から悪いニュースを聞くと、
相手も嫌な気分になり、
二度と買ってくれなくなる。

でもね、
買う前に、
その商品のデメリットや不具合を言う事で、
逆に、信頼に繋げる事ができ、
お客さんに買ってもらう理由付けになる事もある。

例えば、
「実は、サービスで洗剤をお付けする事ができなくなったんです」
「ごめんなさい」
と言う事を買ってもらった後に言うと、
お客さんが凄いイヤな気分になるが、
買う前に伝える事で、
お客さんに、
「しょうがないなぁ」と、
サービスはないけど、買ってあげるわよ!と
思ってもらう事はいくらでもある。

◆まとめ

売れる営業マンと売れない営業マン。
差はほんと些細なことかもしれない。
でも、
売れる営業マンと売れない営業マンの考え方は、
アフィリエイターも同じ。
トップアフィリエイターには信頼してくれるファンが
たくさんいるから商品が爆発的に売れていく。
だけど
売れないアフィリエイターは濃いファンが1人もいないから
売れないだけ。

超独り善がりで売ることばかり考えているから売れない。
信用してもらうことをしないから売れない。

あなたがもし1つでも該当するなら、売れる営業マンの心得を
ぜひ強く意識して取り組んでみてほしい。
売り手になるとついつい買い手の気持ちを忘れてしまいがち。
思うような成果が出ない時ほど、買い手の気持ちを、
思い出してみると効果的。