毎日1000アクセス集める3つの方法

「毎日1000アクセス集める3つの方法」とは?

あなたは、一日1000アクセス集める事ができたら嬉しくないですか?

その方法が公開されたので、ここでレポートしちゃいます!

是非、じっくり読んで参考にしてください。

●記事タイトルの付け方

みなさんは、記事タイトルを付ける時、どのように書いているだろうか?

ただ漠然と付けていないか?

もちろん、タイトル次第でアクセス量は左右するし、

記事自体読んでもらえるかが全く変わる。

タイトルには普通ビックキーワードを入れてしまっていると、

「なんじゃこりゃ?」って言うアクセスにしかならない。

なぜかと言うと、ビックキーワードは既に多くの人が使っていて、

検索エンジンでも「ずーーーっと後の方」の検索結果になってしまうから。

じゃー、どうしたら良いのか?

それは、

スモールキーワードをねらう。

例えば、

「お酒」であれば、

「お酒」よりも「ビール」。

さらに小さくして

「ビール」よりも「オリオンビール」と言う具合に、

ターゲットを絞っていく。

そうする事で属性の濃いユーザーを獲得する事ができるんです。

更に言うと、ファンを獲得しやすくなる。

そして、更に言うと、「ロングテールキーワード」を狙う。

メリットは、トレンドブログの様に、

その時その時のアクセスを狙うのではなく、

息の長いアクセスを狙う事ができる。

例えば、

「AKB48」でキーワードを狙うより、「ビートルズ」で検索を狙う感じ。

ちょっと例えが大きすぎるので、もうちょっと身近に例えると、

「前田敦子」よりも

「山口百恵」なのです。

分かってもらえるかなぁ。

その時々の瞬間的なキーワードよりも「長い期間狙えるキーワード」それが「ロングテールキーワード」なんですね。

この、

「スモールキーワード」と「ロングテールキーワード」を駆使することで、

ライバルの少ないジャンルを狙っていけます。

そして、

ライバルが少ないから、検索結果で、上位表示を狙えるんです。

これを繰り返して、ブログ全体の力を付けて、

全体のアクセスアップを狙います。

●一記事入魂

そして、一記事入魂。

記事を読む人は、まずタイトルでこの記事は自分にマッチしているのか?

面白い記事なのかを判断します。

そして、記事を読みます。

読むとき、やはり、刺さる記事じゃないと、最後まで読んでもらえないんです。

じゃーどうやって刺さる記事を書くのか?

それは、

情熱を持って、感情を込めて書くこと

ここがブレていると、最後まで読んでもらえない。

今時、ブログを読んでいる人は、スマホで空き時間に検索して、

流し読みが殆んどなんですね。

ですから、どこかで「あれ?」とか、「ん?」とかって、刺さらないと、

最後まで読んでもらえないんです。

確かに、ワードでピンと来ないと読んでもらえませんが、

文章に感情が込もってないとダメですね。

一度来ても次につながりません。

ただ言える事は、カタログやビジネス解説書見たいなお堅い文章じゃ読んでもらえないので、

感情を込めて、刺さる記事を心がけてくださいね。

●特徴を付ける

ブログをやってる人はいっぱいいます。

しかもアクセスが1日100未満と言うのも多いです。

そんな中で、しっかり立ち止まってもらおうとするのであれば、

特徴を付けないといけません。

特にヘッドバナーに特徴的な画像を使うと効果的です。

あなた特有の刺さる画像を使うと効果的でしょう^^

編集後記

トップページのヘッドバナーの下に実績を掲載するのも効果が高いです。

実際、既に結果を出しているアフィリエイターの方はやってますが、

いくら売れたとか、何を何個売ったとかって言う結果じゃなくても、

1日アクセス1000PVを達成したら、絶対に掲載した方が良いです。

初心者の人や、伸び悩んでいる人から質問がくる様になりますよ。