記事が10倍読みやすくなる3つの秘訣

「記事が10倍読みやすくなる3つの秘訣」とは?

なんとなく記事を書いていても、伝えたい事が半分も伝わらない。
しかし、書き方を変えて、読みやすくする事で、伝えたい内容が10倍伝わりやすくなる。

記事を書く際、読まれ方を意識しているだろうか?

記事を読む時、
「うわー文字が詰まってる!」とか、
「次の文章は、どこなんだよ?」とか、
「なんかせわしないなぁ」とか、
読者は、無意識にそう感じている。

しかも、
単調だと、段々眠くなる。

文章にメリハリを付けて、程よい呼吸と、リズム感を表現すると、同じ文章でも読みやすく、最後まで読んでもらえる。

そこで使いたいのが、
「改行」。

この「改行」を上手く使うと、文章にメリハリが出て、読みやすくなる。

例えば、
※※※
読まれやすい文章とは、程よく改行したり、行間を2行・3行と空けて、読者に1拍・2拍と間を取らせて、メリハリをつけるのが大切。
受験の参考書の様な文字を引き積めて入れていくと、読みずらい文章になる。
※※※

と書くのを、下記のようにしてみる。

※※※
読まれやすい文章とは、

程よく改行したり、
行間を2行・3行と空けて、

読者に1拍・2拍と間を取らせて、

メリハリをつけるのが大切。

新聞の様に文字を引き積めて入れていくと、
読みずらい文章になる。
※※※

いかがだろうか?

文章って、上手く改行を入れてあげると、呼吸を取るのと一緒で、
読者に間を持たせてくれる。

そうする事で、読みやすさが出てきて、読者も安心して読める。

そして、
文章には、事由、事例、まとめ、と書くと、
更に読みやすくなる。

例えば、
※※※
人にはいろんな人がいて、みんな特技がある。

例えば、
「怒りっぽい人」、
「人に優しい人」、
「天然ボケの人」、
「すぐ人のせいにする人」、
等だ。

でも、
共通しているのは、
みんな、朝の早起きが得意と言う事。

みんな、
遅刻した事が一切ない。
※※※
(この例えの内容に少々問題はあるが)

この様に、
なにかに例えて、最後にキチッとまとめてあげると、読者にも分かりやすく伝わる。

例えって、なかなか書けないんたが、常に想像を膨らませていると書ける様になる。

そして、

もう1つ。

それは、
接続詞。
「そして」とか、
「また」とか、
「つまり」とか、
「だから」とか、
と言う言葉を使う。

すると、文章がうまく繋がるし、
違う文章に変わるのが良く分かる。

本来、見出しをつけるのも効果的なんだけど、
接続詞を使う事で、代用が効く。

例えば、
この記事をクルクルーっとスクロールしてもらうと分かるのだが、
わざと、接続詞で改行して色を付けている。

こうする事で、
接続詞を強調して、次の文章をイメージさせている。

つまり、
「改行」を上手く使う事で、読者に1拍2拍と間を取らせて、
文章内で「事由・事例・まとめ」とすることで、
文章の理解度を上げて、
「接続詞」を使い、
文章の繋がりをもたせ、先の文章をイメージさせる。
これで、かなり読みやすい文章が出来上がる。

いかがだっただろうか?
これが、文章を読みやすくする3つの秘訣。

知ってるのもあったと思うんだけど、

もし、知らないのがあったら、実践してみて欲しい。

コメント

  1. 武蔵 より:

    冴木隆さんこんにちわ。

    改行を付けてスッキリさせることなどは知っていましたが、改行後の接続詞に色を変えるというのは知りませんでした。

    ちょっとした工夫が大事なんですね。

    いい情報ありがとうございました。

    応援して帰ります。
    これからも頑張ってください。

    • befourc-affili より:

      武蔵さん
      こんちわ~!
      訪問有難うございます^^
      ノウハウって、やり続けて行けばいくほど、イッパイ出てくると思います。
      これで完成って言うブログもないでしょうしね!
      僕も、もっともっと勉強していこうと思います。
      またいらしてくださいね。
      コメント有難うございました。