文章力を鍛える4つのライティングメソッド

「文章力を鍛える4つのライティングメソッド」

「この記事ダッセーよなぁ、もうちょっとなんとかなんないかなぁ」って時々感じてない?
文章力って、ソッコーで付くもんでもないけど、
少しずつ上達する事ができる。


文章って、
読みやすさや、
分かりやすさが加わって、
良い文章になるのね。

それを実現させるためには、
これから説明する4つのメソッドがお勧め。
今回は簡単な方法を紹介するので、
是非、試してもらいたい。

<その1>

良い文章ってさ、
世の中にいくらでもあって、
探せば溢れるほど参考になる物がる。

例えば、
小説。
これは、もろ読ませるために書いている物なので、
凄い参考になる。

でもね、
参考になるからと言って、文章を真似してもあまり意味がない。

じゃーどうやって身につけるのか?

それは、読む事。

出来たら、好きな作家さんを見つけて、
読みまくる。
そうする事で、文章の基本が頭に入ってくる。

読まれる文章ってのは、
お金を払ってでも読みたい文章なんだよね。

だから、
小説なんかは、
一番いい例なんじゃないかな。

<その2>
次は、
良いなぁと思ったブログを、
書き写す。
写経と一緒だよね。
何度も書き写す、
すると、書き方とか、書いた人の癖とかが入ってきて、
文章スタイルなども身に付ける事ができる。

<その3>

書いた文章を、
音読する。
記事って、
いつも書いたら書きっぱなしじゃないだろうか。
自分の書いた文章って、
どうしても、
それ以上、見直しをしないし、
チェックをしようとしても、上手くチェックできないんだよね。
だから、
そんな時は音読が効果的。
声に出して読む事で、
自分が第三者として文章が聞こえてくるんだよ。
これで、
面白い文章か?とか、
誤字を見つけたりする事ができるよ。

<その4>
最後に、
イッパイ書く事。
文章は、簡単には上手くはならないから、
取り合えず書く事。
これをしないと、
どんなテクニックを覚えても、
身に付かないんだよ。
そして、
やり続けるからこそ、
見えてくる物も必ずあるので、
是非、書き続けて欲しい。
これが一番の上達法だよ。

追伸

文章ってさ、
なかなか上手くならないんだよね。
でも、
下手くそでも、
やり続けていけば必ず上手くなるよ。
僕も、いまだに上手いとは思っていなくて、
時々
「ん~~~~~」
「もうちょっと書きようがあるだろうに・・・」
なんて事も多い。

でもね、
これでも、ちょっとづつ進歩していってるよ。

このブログを書き始めた頃の記事を見れば一目瞭然で、
感じるよね。

正直、
古い記事は書き直して、
全部新しくしたいって、
本当に思う。

でも、
まだまだ進歩していくつもりだから、
このままにして、
どんどん書いて行くつもりなんだよね。

だから、
日々ちょっとづつ進歩していくマインドで、
書いて行く事をお勧めするよ^^