ブログにまた訪問してもらえる記事の書き方 2つのポイント

もうねー、
感情表現、感情表現って、メンターからうるさく言われてるんだけど、
マジ難しい。
「ホント、勘弁してよー!」って思うんだけど、
やらないとつまんない文章になるし、
また訪問してもらいたいので、
がんばって書いてるよ。

マジで読者に刺さる文章を書くには、
感情表現って大切。

例えば
電車に乗り遅れた時、
「あーーー残念」って書くのも感情表現なんだけど、

ちょっと工夫して、
「駅手前で電車が入ってくるのを見つけたから、猛ダッシュしたんだよ。
でもさーあと一歩の所で間に合わなかった、
これで会社遅刻だわー。
最悪ー(。>д<)」
って感じにすると、
シチュエーションが分かりやすいし、
感情も伝わりやすい。

感情表現と、
その場の状況を伝えると、
リアリティが生まれて、
共感が得られ易いのね。

この共感って、
マジで大切。

どういう事かと言うと、

例えば
映画を見て、
「あーーー面白かった!」って言う時って、
どんな時だろう?

もちろん、
コメディ映画で、
単に楽しかったってのはあると思うんだけど、

「あーーーそーだよねー!」とか、
「うんうん。なるほど」って言う時ってあるでしょ?。

この辺りの感想って、
「感動」と「共感」なんだよ。

この「感動」と「共感」があると、また見たくなる。

そして、
その時の風景がリアルに伝わる様に、
詳しく書くのがポイント。
風景がリアルに伝わる事で、共感も得やすいよ。

例えば、
「清々しい朝だった」とするなら、
「朝は、空気が澄んで、ヒンヤリしていて、超気持ち良かった。」っとすると、
情景が分かるから、共感も得やすいよね。

つまり
ブログの記事を書くときは、
「自分の感情をどんどん入れる事」
そして、
「できるだけリアリティを出して詳しく書く事」。
こうする事で、共感を得やすくなって、
読者に刺さりやすい文章になるよ。

追伸

また来たくなるブログって、
読者に有益な情報が入ってるのか一番なんだけど、

読者に刺さらないと、
また来てもらえない。

たまに、
有益な情報を書かずに、プライベートな内容を書いたとしても、
ちゃんと感情表現をすれば、読者に刺さる文章を書けるので、とても効果的。

また、
自分の考え方を書くのも大切なポイントだよね。
自分の考えている事を書く事で、
独自のブログになるし、
共感してくれる人も現れるよ。

だからね、
読者に刺さる文章が書ければ、
また読みに来てもらえるよ。

記事の書き方を読んだら、
次は収入の得方を読んでみて欲しい^^
こんな記事も書いているよ。
「完全自動化の仕組みって?(不労所得を獲得できるのか?) 」

Infinity Power Project(IPP通信)
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

FC2ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^

ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^
にほんブログ村に参戦中!ポチッとしてね^^
コメント
まりあん
2017/12/26
 頑張って下さいね~! こちらは、息子が、就職内定決定して ホッとしてるとこです。
2017/12/23
 worpmanさん、 そうっすね。 自信って、そう簡単には付かないから、 少しずつ努力するしかないんだよねぁ。 すこしづつでも、やっていこう!
2017/12/23
 まりあんさん、 今ね、 別プロジェクト始動中なんです。 どんどん結果を出していこうと思ってるんだぁ。 がんはるよー
2017/12/23
 星るりかさん いらっしゃいませ(^^) 自分を変えるには、 普通にやっていてもダメなんだよねぇ。 今までに考えられない事をやんないとナカナカ変わらないんです。 よかったですね。 明るいって言われる様になって。 この調子に、 自分の思い描いてる自分めざして、 頑張りましょうね(^^)
2017/12/23
 まりあんさん どもども。 ベースもギターもものにするのに時間がかかりますからねぇ。 頑張って欲しいですね。
2017/12/23
 マッキーさん どもども。 いらっしゃいませ。 少しずつでも結果を出せたら、 自信に繋がりますからねぇ(^^) がんばりましょうね。
worpman
2017/12/23
 ご無沙汰しております。 私も自分自身に自信を持てたことがほとんどありません。 ブログを始めてアドセンスの収益も貰いましたが、これで自信がついたかと言えばNoでした。 ただ継続していくしかないと自分では思っています。
まりあん
2017/12/22
 師走だから、、忙しいのかなー。 ご自愛下さいねー。
星るりか
2017/12/21
 星るりかです。 この記事を読んで、元気が出ました。 私自身、昔は、「暗い自分」がコンプレックスでした。 ある時、悩み疲れて決心したんです。「変わろう!」って。 最初は、ムリして明るいふり。 でも、いろいろな人に話しかけるうちに、周りの反応が変わっていって。 1年後には、「明るい自分」が自然になっていました。 この経験は、私にとって大きな教訓になっています。 これからも、隆さんの記事...
まりあん
2017/12/17
 おはようございます♪ わぁギター弾けるの!すごいねぇ! 娘が、この前ベースギター5万円で買ってきて、悪戦苦闘しながらひいちょります。 ポチって行きまーす。