アクセスアップより気にすべき重要な事

「お客さんを集める」と聞くと、アクセスを集めればいいんでしょ?
って思うでしょ。
そーじゃないんだよねー。

お客さんイコール読者なんだけど、
読者を集めると言う事はアクセスを集める事ではないんだよ。

確かに、
アクセスをアップさせる事で、
読者は集まるんだけど、

そーゆーもんでもない。

どう言う事なのか?

読者を集めると言う事は、
読者の情報を集めると言うこと。

つまり、
読者のメールアドレスを集めると言う事だよ。

これを、
一般では、
リスト集めって言うのね。

ブログに1000アクセス集めているのに、
1アドレスも集められないのであれば、
思いっきり機会損失をしているよ。

逆に、
100アクセスでも、
しっかりメールアドレスを集める事ができているなら、
あなたのブログは、
メチャクチャ価値があるブログと言えるよ。

例えば、
江戸時代の商人は、
火事になった時、
お金よりも、「顧客台帳」を持って逃げたと言う話しは、
あまりにも有名な話しだよね。

なぜなら

「顧客台帳があれば何度でも復活できて、ビジネスが再開できるから。」

だから、
僕は、
ブログで商品を売ることよりも、
「集客に特化したブログ」を作る事に力を入れている。

ビジネスは、
一見さんよりも、
既存客や、固定客の方を増やした方が、はるかに儲かると言うこと。

理想はブログで集客しステップメールで教育して、
販売すること。

でも、まずは信頼関係構築がとっても大事。

仮にメルマガをやらない場合でも、
メールアドレスを集めることが出来れば、
個別メールでアプローチすることが出来る。

個別メールでのアプローチって、
メルマガよりもはるかに
強烈だし、印象深いからねぇ。

だって、
「メルマガより個別メールの方が圧倒的に開封率が高いから。」

当然だよね。

理由は

「自分だけに届いたメールだと感じるから。」

つまり

「ブログは集客に特化して記事を重ねていくことで、
売り込み感を出さずに、アクセスを増やしながら、
既存顧客を増やすことが出来る。」

この集客をする時に大切なのは、
集客ライティング。

なんとなく記事を書いていても、
なんの集客にもならない。

集客をするには、
まず、

ターゲットをしっかり絞って、記事を重ねる事が必要。

ターゲットを絞る時は、
ブログを始めたばかりの自分に宛てて記事を書くと、
効果的。

そうする事で、

読者は、
「あれ?、私の事?」って思ってもらえるから。

そして、
あなたの体験した濃い記事を書いて、
読者に楽しんでもらい、
ファンになってもらう事が大事だよ。

ファンになってもらうには、
ターゲットを絞って記事を書く事が必要だよ。
次は、こちらを読んでもらいたい。
「ライティングの基礎 まずは、ターゲットを絞る事 」