ブログ初心者が最後まで読んでもらえる記事を書く方法

ブログ初心者が最後まで読んでもらえる記事を書く方法とは?

まさか、
もしかして、訪問してくれた人は、
記事を最後まで読んでくれてると思ってない?
いくらアクセスがあるからって、
最後まで読んでくれてるって思うのはあまりにも能天気すぎるよ。

いくらタイトルで注意を引いて、
訪問者が増えても、
最初の文章で×印をポチして出ていっちゃうんだよ。

しかも、
みんな、なんも言わないで出ていっちゃうでしょ。

そう言う人達が足を止めて、
「この記事、何を書いてるんだろ?」、「面白いのかなぁ?」、って思ってもらって、
最後まで目を通してもらうには、ポイントがあるんだよ。

そのポイントを分かってないと、いつまでも、最後まで読んでもらえないよ。

その、
最後まで読んでもらうポイントは、
「ツカミ」。

記事の冒頭で、
訪問者の心をツカムんだよ。

例えば、
漫才でも、
最初にお客さんにツカミをやって、お客さんの注意を引くよね。
最初にお客さんの心をつかんで、漫才に集中させる。

そして、
面白いネタをやって、
会場全体を笑いの渦に巻き込んで行くでしょ。

つまり、
最初に「面白いかも?」とか「どんな事やるんだろ?」とかって言う感想を持たせて、注意を引くのね。

そこから、
本題に入っていって、
みんなを笑わせていくんだよ。

ブログ記事も一緒で、

最初にツカミをやって、
「面白いかもしれない」とか、
「何を書いているんだろ」と言った感想を最初に感じてもらって、
本題に入っていく。

この「ツカミ」がないと、
面白さも伝わらないし、
最後まで読んではもらえないんだよ。

つまり、
記事の冒頭で、
読者の注意を引いて、
記事に興味を持たせて、
本題に入っていく。

これが出来ないと、
記事全体が意味のないものになってしまうのね。

もちろん、
本題に入ったら、
期待を裏切ってはいけないんだけど、

常に勉強していれば、
恐い事なんてなんもないよね。

追伸

記事を読んでもらうって、
本当に難しい。
でも、
しっかりとしたツカミをやって、
勉強した内容を分かりやすく書いていけば、
読者さんには、
しっかり読んでもらえるし、
ファンにもなってもらえる。

まずは、
勉強して、
どんどん記事ネタを作って欲しい。

ファンを獲得するのは、
勉強し続けることだよ(^^)

そこで、
常に勉強し続ける意味を書いた記事があるので、
是非、読んでもらいたい。
「読者を楽しませる悪魔のマインド」