記事のクオリティアップが面白さに直結する3つのメソッド

「記事のクオリティアップが面白さに直結する3つのメソッド」とは?

あなたの記事は、ファンの心をしっかりつかんでいるか?
一度訪問して、次を読んでみたいと思ってもらうには、
必ずクリアしないといけない記事の質があるよ。

面白いとか面白くない以前の話しで、
これがないと、
面白さは伝わらないし、
再訪問してもらえない。

例えば、
どんなにコピーライティングを勉強しても、
読み物としてのレベルがなければ、続けて読んではもらえない、

ましてや、
ファンにはなってもらえない。

最低でもクリアしないといけない質とは、

1.1記事1テーマ

1つの記事で、読んでもらえる内容って、
1つだよ。

ナゼかと言うと、
タイトルが1つしか無いから。

しかし、
なぜか、
1つの記事で2つ以上の内容を書きたがる人がいる。

どうしても書きたいのであれば、

書いたら良いんだけど、
それをすると、
テーマがボヤけてくるよね。

しまいに、
ボヤけて分からなくなっちゃう時も(笑)。

しっかり読んでもらって、
また訪問してもらいたいのであれば、

1記事に1テーマ。

これ以上は無いよね。

2.事例を出して分かりやすく

記事を書いて、
なにかのノウハウや知識を伝えたいのであれば、

事例を使って、
より分かりやすく、
書く必要がある。

事例を使うと、
マジで伝わりやすくなるよ。

例えば、
テニスを上手くなるには、
プロの指導を受けると早く上手くやるよ。

とするなら、

テニスって、最初はサーブを打つことすら上手くできないよね。
バックハンドだって、かっこ良く見えるけど、
簡単には出来ない。
でもね、
プロの指導の下、しっかりと基礎から教えてもらう事で、サーブだってバックハンドだって、かっこ良く打てるようになるよ。

としたらとうだろう。

分かりやすいハズ。

ただ思っている事を書くのではなく、
何かに例えて書くと、伝わりやすいよ。

3.最後にまとめる。

自分の言いたいことを書いて、
読んでもらっても、
理解度は低いんだよ。

なぜかと言うと、

一回読んでも、
なかなか頭に入らないし、
分かった気がしていても、
ちゃんと落とし込まないと、本当に理解はされない。

だから、
先にも書いた様に例を使って、分かりやすくする必要があるんだけど、

もう一個やるべき事がある。

それは、
まとめ。

記事でいろいろ書いて分かりやすくしても、
最後に言いたいことをまとめて上げると、
更に理解度が深まる。

しっかり、理解度を深めてあげると、
共感にも繋がり、
また訪問しやすくなるよ。

まとめ、

普通になんとなく書いていても、分かりやすい記事って、作りにくい。

だから、
書く時に、
・1記事1テーマ
・事例を出して、分かりやすく
・一番最後に、記事のまとめ
と意識すると、
間違いなく、
記事が変わってくる。

是非、読みやすい記事を目指して欲しい。