売上を上げるメソッド 読者がお金を払う本当の理由

「売上を上げるメソッド 読者がお金を払う本当の理由」とは?

「あ~~~!」
「商品が全く売れねぇ!」って、なってないか?
ブログ記事を書く時に、頭の片隅に置いておきたいのが、
読者サービス。
いかに読者に楽しんでもらうのか?
いかに共感してもらうのか?
独りよがりじゃ全く意味がない。

商品を買う時、
買う商品の値段のお金を払うよね。

もちろん、
商品に価値があるから、
それ相応のお金を支払うんだけど、

ただ単に紹介されたからって、
商品は買わないよね。

例えば、
有名メーカーの商品であれば、
当然名前の知られたメーカーだから、
わりと安心して買う事ができるよね。

これは、
メーカーにも信頼があるし、
そのメーカーが出している商品だから安心感もある。

だから、
みんな平気で買うよね。

それじゃー、
僕ら個人だったらどうだろう?

例えば、
今ここで、
商品の説明をして、
しかも、
このブログに初めて訪問してくれた人が、
商品を買うだろうか?

答えは分かってるよね。
もちろん買ってはくれない。

それはね、

信頼とか、安心感とかが、
全くないから。

初めて来たブログで、
しかも、
個人で運営しているブログじゃ、信頼も安心も無いよね。

それじゃー、
信頼や安心を得られて、
読者に商品を買ってもらうには、どうしたら良いか?

それは、
ブログ上では、
読者サービスに撤する事。

で、
表題の件なんだけど、

読者は商品にお金を払ってないんだよ。

じゃ、

何に払うのか?と言うと、

あなたのサービスにお金を払う。

つまり、
普段から発信している、
新しい情報、
役立つ情報、
「うんうん、そうだよね」って言う共感や感動できる内容。
そういった記事で、読者にサービスをして、
読者を充分楽しませていれば、
そのサービスに対して
お金を払ってもらえるんだよ。

だからね、

良く、
一記事入魂って言うでしょ。
あれは、
あながち間違いじゃないんだよね。

って言うか、
むしろ、
一記事入魂が全て。

記事に魂を込めて、
読者を楽しませる。

常に、
このマインドでいると、

読者からも好かれるし、
ファンにも濃いファンにもなってもらえて、
「いつも良い商品を紹介してくれて有難う」と、
言って、商品を買ってもらえるよ。

追伸

ブログって、
書き続けていけないと、
あまり意味が無い。
でも、
なかなか書けないんだよ。
だからこそ、
一生懸命勉強して、
それを記事にしていくのが、
一番近道だし、
信頼も得やすいよね^^

Infinity Power Project(IPP通信)
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

FC2ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^

ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^
にほんブログ村に参戦中!ポチッとしてね^^
コメント
kinuko
2018/3/25
 今回は検索エンジンの仕方を勉強させていただきました。 有難うございます。
まりあん
2017/12/26
 頑張って下さいね~! こちらは、息子が、就職内定決定して ホッとしてるとこです。
2017/12/23
 worpmanさん、 そうっすね。 自信って、そう簡単には付かないから、 少しずつ努力するしかないんだよねぁ。 すこしづつでも、やっていこう!
2017/12/23
 まりあんさん、 今ね、 別プロジェクト始動中なんです。 どんどん結果を出していこうと思ってるんだぁ。 がんはるよー
2017/12/23
 星るりかさん いらっしゃいませ(^^) 自分を変えるには、 普通にやっていてもダメなんだよねぇ。 今までに考えられない事をやんないとナカナカ変わらないんです。 よかったですね。 明るいって言われる様になって。 この調子に、 自分の思い描いてる自分めざして、 頑張りましょうね(^^)
2017/12/23
 まりあんさん どもども。 ベースもギターもものにするのに時間がかかりますからねぇ。 頑張って欲しいですね。
2017/12/23
 マッキーさん どもども。 いらっしゃいませ。 少しずつでも結果を出せたら、 自信に繋がりますからねぇ(^^) がんばりましょうね。
worpman
2017/12/23
 ご無沙汰しております。 私も自分自身に自信を持てたことがほとんどありません。 ブログを始めてアドセンスの収益も貰いましたが、これで自信がついたかと言えばNoでした。 ただ継続していくしかないと自分では思っています。
まりあん
2017/12/22
 師走だから、、忙しいのかなー。 ご自愛下さいねー。
星るりか
2017/12/21
 星るりかです。 この記事を読んで、元気が出ました。 私自身、昔は、「暗い自分」がコンプレックスでした。 ある時、悩み疲れて決心したんです。「変わろう!」って。 最初は、ムリして明るいふり。 でも、いろいろな人に話しかけるうちに、周りの反応が変わっていって。 1年後には、「明るい自分」が自然になっていました。 この経験は、私にとって大きな教訓になっています。 これからも、隆さんの記事...