最後まで読んでもらえる記事を書くには? 興味を引くライティングメソッド

「最後まで読んでもらえる記事を書くには? 興味を引くライティングメソッド」とは?

あなたは、
記事を書いたら、
まさか、
最後まで読んでもらえていると、信じていないか?
そんな幻想を抱いていると、
文章が上手くならないよ(笑)

だからって、
僕に文章力があるのか?って問題は置いといて(笑)

人の記事を読む時ってさ、
タイトルと冒頭を読んだ時に、最後まできっちり読むか?読まないかを決めるよね。

ナゼかと言うと、
タイトルと冒頭で、
記事にかいてある文章を予測するから。

だから、
タイトルと冒頭の文章って、
マジ大切。

タイトルは、
みんな大切だと分かっているから、
慎重に付けるだろうけど、

力の分担を分けると、
記事に1割り、
タイトルに9割りの力を分けてもいいくらいタイトルに力を入れるべき。

コツとしては、
ビックキーワードは使わす、
スモールキーワードや、
ロングテールキーワードを使って、
出来れば、
複合技で攻めたい。

スモールキーワードとは、
言葉の通り、
ビックキーワードより、
小さいキーワード。

例えば、
「車」とするなら「セダン」。
もっと言うと、
「セダン」よりも「クラウン」とか「カローラ」。
こうする事で、
濃い読者を獲得できて、
目的意識も高くなるので、
読んでもらえる確率が高くなるよね。

そして、
ロングテールキーワードは、
「ローリング・ストーンズ」よりも、
「ビートルズ」。

んー、
例えが微妙なので、
更に言うと、
「前田敦子」なら、
「山口百恵」。
こんな感じ(^^)

こうやって、
スモールキーワードやロングテールキーワードを考え抜いて、
しかも、
キーワードの複合技で攻めると効果的。

その上で、
読者の興味を引くタイトルする事。

そして、
記事の冒頭は、
読者が
「なになに?」とか、
「ん?」とか、
「面白そう」とかと言った感想を抱かせる事ができると効果的。

例えば、
漫才でも良くやる手なんだけど、
漫才の最初に、
「つかみ」をやるでしょ。
あの「つかみ」を記事でもやる。

そして、
「なになに?」とか、
「ん?」とか、
「面白そう」とかと言った感想を抱かせて、
興味を記事に持ってくる。

これが大切。

「つかみ」が出来ると、
最後まで読んでもらえる確率がググッと上がるよ。

そして、
一番大切な事は、
超面白そうなタイトルを付けて、
ばっちり「つかみ」をやって、
読者が読む気マンマンなのに、
記事がショボい。
記事が薄っぺらい。
これじゃー、
読者は離れてしまうよね。

たから、
きっちり勉強した内容を、
しっかり深堀して、
読者が喜ぶ内容を書きたいよね。

まとめ、

記事を最後まで読んでもらうためには、
スモールキーワードやロングテールキーワードを駆使して、
面白い興味の湧くタイトルを付けて、
記事の冒頭で「つかみ」をやって、読者の興味関心を引いて、
しっかり勉強した内容をアウトプットして、
読者を楽しませる事だよ。