売れるコピーを最短で書くメソッド 8つのステップ

「売れるコピーを最短で書くメソッド 8つのステップ」とは?

売れるコピーを書けると言う事は、
人の心理を把握する事ができると言う事。
人の心理を把握できれば、操る事も可能(ちょっと大げさだけど)。
今回ご紹介した内容は、コピーを書くときだけではなく、
いろんな仕事にも使える内容なので、
是非、覚えて欲しい。

早速だけど、
作る時は、
本文(コピー)とタイトル(キャッチコピー)を分けて書こう。
手順としては、本文(コピー)を作ってからタイトル(キャッチコピー)を書くと良いよ。

最初に問題点を書いちゃうけど、
9割の人は、
商品の説明ばかりをしている事が多いのね、
そのページに来た人は、
そもそも商品が欲しいわけではないので、
商品の説明ばかりをしても買ってはくれないんだよ。
だから、
商品を紹介をするのではなく、
購入した時の未来を想像できる文章を書く必要がある。
つまり、
「買ったら、どんな未来が待っているのか?」を書く必要があるんだよ。
これをベネフィットを言う。

それでは、順を追って書いていくよ。

1.ターゲットの問題を上げる
今、ターゲットはどんな問題でつまづいているのか?
何が問題なのか?
どんな課題があるのか?
などを書いていきます。

2.その問題はなんで解決しないのか?
どうして問題なのか?を書く。

3.商品を買った時のベネフィットを書く。
ベネフィットとは、簡単に言うと、
商品を手にした未来の利益。
例えば、
「この情報商材を手に入れたら半年後には、
月に50万円の収入を得られる様になっている。」
とか、
「読者の心を鷲掴みできる様になっている。」とか。
あくまでもメリットではない事を理解しておいてほしい。
そして、
ベネフィットは多ければ多いほど良いよ。

4.売りたい商品のサービス
どんな商品の内容なのか?
例えば、情報商材で言うと、
・面白い文章の書き方、
・1月に30万pvの取り方
・読みたくなる記事タイトルの付け方
などなど、
実際のタイトルでなくてもいいので、
こんな内容の物が入っていると言う事を書いていく。

5.なんで今なのか?
今、この商品を買う理由。
限定性も含まれるんだけど、
なんで今、この商品を買う必要があるのか?を、
細かく書いて行くよ。
そして、買わない恐怖を書いても良いよね。

ここまでが、コピーの部分。
ここまでしっかり書ききったら、
今度はキャッチコピーを作るよ。

なぜ、コピーの後にキャッチコピーを書くのか?と言うと、
コピーを書くのに、いろんなワードを考えてきているから、
ここまでに考えてきたワードの中で、
使えそうなワードをキャッチコピーに盛り込むと、
わりと簡単に作る事ができる。

6.キーワードの抽出
せっかく作ったコピーなので、
コピーの中から、
刺さりそうなキーワードを引っ張ってくる。

7.キーワードからのキャッチコピーの組立
ポイントとしては「長くなりすぎず、一瞬で気になると思わせられる」ことを
意識するようにする。
文字数の目安としては、日本語であれば30字前後がお勧め。

8.キャッチコピーを書くときのポイントを書くよ

8-1 希少性
5.でもご紹介したように、人には「損失回避の法則」という心理があるのね。
「限定◯個!」「これが最後」など、希少性をアピールすることで
「手に入れられなかったら損をする」という心理を引き出すと、
購買意欲へ繋がる。

8-2 話題性
新商品の場合は「新商品!」、リニューアル品であれば「アップデートしました」など、
話題性のあるものは人の目をひきやすいよね。

8-3 具体的な数字が入っているか
数字は、説得力を持たせるためには最も簡単な方法なのね。
例えば「短期間で習得できる!」よりも「たった1週間だけ!」と言われると
「それならば自分にもできそう」という心理を引き出すことができるよね。

さらに効果を出すためのちょっとしたコツとしては
「約85%」とするよりも「84.8%」のように、少し細かい数字を出す。
あえてざっくりした数字ではない細かい数字を出すことで、
信ぴょう性が増してくる。

また「◯◯ランキングで1位!」のように、
ランキングを利用することもポイント。
日本人は「人が持っているものを自分だけが持っていない」
ことを避けたがる傾向にあるのね。
流行りものが好きな人は、特にそうで、
ランキングを出せるのであれば、上手に活用しよう。

8-4 相手に呼びかける
1.で、どのようなユーザーをターゲットとするかが明確になっているので、
そのターゲットに直接語りかけるコピーにする事も書き方。
多くのサービス・商品を売りたい場合、
ある特定の人、一人に向けたコピーを作るわけではないんだけど、
「あれ?これ、私の事を書いている」と意識させるのも、
購買意欲を高める理由の一つになるよ。

どうだろう?
参考になっただろうか?
商品を売ると言う事は、
簡単な事ではないよね。
でも、
ターゲットの心を掴んで、揺さぶる事ができたら、
自然と商品は売れて行くよ。
そのために、
普段からの執筆活動も大切な活動の一つだと感じる。
どういう事かと言うと、
普段の記事で、
読者にベネフィットを伝えられたら、
その記事の価値はググッと上がるよね。

そんな普段書く記事の書き方、マインドの持ち方、
メンタルについて、事細かに解説しているのが、僕の発行している、
「Infinity Power Project(無料メルマガ)」。
60日間で10万円稼ぐ方法を伝授している。
是非、メルアドを登録して購読して欲しい。
登録はコチラ↓↓↓