読まれる記事の書き方 最大のポイント

「読まれる記事の書き方 最大のポイント」とは?

記事タイトルが抽象的だったり、
具体性ゼロだったりしていないか?
勉強しないと、信頼も得られないどころか、
アクセスだって伸びないよ。

あなたのブログ記事は、
記事タイトルが抽象的だったり、具体性に欠けていないか?
それは、単に勉強不足が原因だよ。

「○○の健康法」とか
「○○の関連性と効果」とか
「○○のマメ知識」とかってタイトルを付けている時点で、
ぶっちゃけ怪しい。

と言うのは、
このタイトルに具体性が無く、
あまりにも抽象的すぎるんだよね。

こう言う記事タイトルを付けている時点で、

意味不明だから、

見てももらえないし、
アクセスなんて伸びやしないんだよ。

どうして、こう言う記事タイトルになるのか?言うと、

自信が無いからなんだよ。

自信が無いから、
抽象的なタイトルにして、
逃げるんだよね。
そんなんだから、
信頼もされず、読んでももらえない。

適当な事を書いていると、
誰にも相手にされないよ。

ネットの世界ってね、
速攻で解決策を求めて検索されるんだよ。

つまり、
今すぐ知りたい事を、
検索エンジンに打ち込んで、
速攻で読んで、
さっさと解決して、
帰りたい人の集まりなんだよ。

こんな、
具体性に欠ける記事を書いている人みたいに、
暇人じゃないって事。

書籍だったら、
お金出してるから読むしかないけど、
お金払ってないから、
そもそも読む必要もないし、
読む義理もないよね。

そしたら、
3秒で×ボタンを押して、
他のサイトに飛んでしまえばいいしね。

だいたいね、
解決策が無いのも、
パッと見で分かっちゃうから、
入った瞬間に「ダメじゃん!」って、
思って、見てももらえないんだよ。

その原因って分かるかなぁ?

それはね、
自分でテーマを決めたら、
深く掘り下げないで、
解決策を見いだせないまま、
記事のアップだけに目標を置いて、
急いで書き出しちゃうからなんだよ。

つまり、
自分の中に、
しっかりした解決策が無いのに、
記事を書いているって事。

もしくは、
自分の中にしっかりした解決策があると
勘違いして、記事を書いている事。
※これは最悪なんだけどね。

だから、
具体的な解決策から逃げて、
抽象的なタイトルを付けて、
ダッセー記事になっているのね。

ネットの世界ってさ、
書いた記事で評価を得る事が大切なんだよ。

その評価を得られない記事を書いていたら、
本末転倒で、全く稼げないよね。

ブログ記事を書く上で、
まずやらないといけないのが、

目立つ事。

目立って、とりあえず記事を読んでもらう事。

だから、
派手な記事タイトルを付けるのが大切。

タイトルがスル―されたら、
せっかく書いたコンテンツも見てもらえないよね。

そして、
テーマに対して、
しかり深く掘り下げて、勉強した内容を
自分の言葉で記書く事。

これが出来ないと、
信頼もされないし、
アクセスも増えないよね。

追伸

記事ってね、
ブログを初めた頃って、
勉強の大切さを分かっていないから、
薄っぺらい記事を書いている事が多いんだよ。

だから、
ブログを書き始めて、
3・4ヶ月経ったら、
過去記事を見直してみるのも大切な仕事だよ。

ブログの良い所の一つは、
やり直しがきく事なんだよ。
薄っぺらい記事を書いていたら、
見つけた時点で書き直そう。
書き直す事で、
アクセスアップにも繋がるし、
信頼を勝取る事ができるよね。

読んでもらうタメに必要な事がわかったら、
読んでもらうタメの記事の書き方を読んで欲しい。
今すぐクリック!
「読んでもらうタメの記事の書き方」