アクセスの集まる記事とは? 質を上げる10個の秘訣

「アクセスの集まる記事 質を上げる10個の秘訣」とは?

せっかくスモールキーワードや
ロングレンジキーワードを駆使して、
記事タイトルを付けても
「全然上位表示されないじゃん!」って・・・

実は、
僕もなった(笑)

記事を書く上で大切なのは「記事の質」。
=クオリティ。

記事の質って一言で書いたけど、
色々な要素がある。

一番大切にしたいのが、
コンテンツ力。

コンテンツ=人の疑問に答える事。

つまり、
人の疑問に答える力のある記事が一番大切。

そして、
検索意図を汲む事。

読者は「どうやって記事を探すのか?」と言う事だよ。

第一にこの2つは意識していないと、
質の高い記事は書けないよ。

そして、
質を高める事は読者の欲求を叶える事にもあるから、
重要だし、

検索エンジンの評価も上がるから、
絶対に意識したいよね。

1.深く掘り下げる

書きたい内容をしっかり深く掘り下げて、
「これでもか!」って言う位調べる事が大事。

上っ面の記事なんて誰も必要としていないし、
どこにでもあるのね。

深く掘り下げて、いかに読者が納得するかが大事。

そして、読み応えも意識したいよね。

2.自分の思いを書く事。

書きたい内容を書いて終了したら、
それこそどこにでもある記事なんだよ。

記事に必要なのは「共感」。

「共感」は、人の経験や思いに大して起こるのね。

だから、
コンテンツを書きたいなら、
自分の思いや経験を盛り込んだ方が「共感」されて、
また読んでみたくなるよ。

3.ゴールを決める事

書きたい文章を決めたら、
最終的に、どこに結論を持ってくるのか?を決めないといけない。
結論が決まっていないと、
記事もブレブレになって、
最終的に、
「脱線しまくって、分かりずらい文章」になるよ。

僕も経験があるんだけど、

書き終わって、
読み返してみたら、
「あれ? 何書いているんだろ?」って事ってイッパイ。

だから、
しっかりゴールを決めて、
ゴールに向かって書いて行く事が大切。

4.自分の得意分野・誰にも負けない経験

コンテンツ力って僕は言っているんだけど、
コンテンツ力を磨くには、
調べて・勉強して・実践する事が大事。
実践しているからこそ分かる事もイッパイあるよ。

実践しているからこその、納得できる記事を書いて、
人の疑問に答えられる記事を書こう。

5.表記は統一

物の書き方って、一つじゃないのね。
例えば、
「WEB」・「ウェブ」・「Web」・「web」って感じ。

この書き方をいつもまぜこぜで書いていたら、
記事の信頼性も落ちてしまうよ。

誰にでも分かる書き方も必要なんだけど、
加えて、ワードを統一する事も大切な要素だよ。

6.文末や表現を統一

「ですます調」と「である・だ調」はできるだけ統一。
ここをブレブレにしちゃうと、
ここでも信頼性が落ちてくるよね。

「ですます調」で書くなら「ですます調」。
「である・だ調」であれば「である・だ調」で、
できるだけ統一して書きたい。

ちなみに、僕はタメ語で統一。

7.文章が長くなって、文章に疑問はないか?

例えば、

「私の仕事は、ブロガーを対象としたコンサルティングをしています」

だと、文章がおかしいのに気付くだろうか?
こう言う書き方をするのであれば、


「私は、ブロガーを対象にコンサルティングをしています」とか、
「私の仕事は、ブロガーのコンサルティングです」。

と言った、
シンプルで短めの文章で、
まとめてあげたい。

文章を変に肉付けすると、
こういった間違いが出てくるから、
気を付けたいよね。

8.同じ文章の中で、同じ単語を繰り返し使っていないか?

例えば、

「私は文章を書く時はいつもコンテンツ力に注意しながら文章を書いている」。

既に「文章」が2回も出てきている。

こう書くなら、

「私はいつもコンテンツ力に注意しながら文章を書いている」。

とすると、スッキリするよね。

9.見出しの使い方の間違い。

実は、
見出しも大切なSEO対策になるからドンドン使いたいんだけど、

でも、
使う順番を考えないと、訳わからない文章になるから、注意が必要。

見出しって、h2,h3,h4の見出しを使うことがほとんど、

でもね、
h2のすぐ後にh4を持ってきたり、
h3の枠内にh2を入れたり・・・

こんな事をやっていると、
本当に読みずらくなって、
「こいつ、わかってねぇな!」ってなるから、
注意して使いたいよね。

10.著作権法違反

記事ってさ、

人の記事を読んでいると、
「この文章いいなぁ」とか、
「この書き方すげぇなぁ!」とかってなるよね。

でも、
「ちょっと待って!」

気に入ったからって、
そのまんまコピペしようとしてないか?

書いた人が一生懸命書いた文章なんだから、
コピペなんてダメでしょう!

使いたいなら、
「しっかりリライト」、
「自分の言葉に書き換える」、
「構成を変える」位の事をしないと、
マジ、失礼だよ!

ブログはメディアなのね、
だから、
当然、他の人の文章をパクってくるのって違反行為。

全文コピペなんて事はやめようね。

グーグルに削除願いを出せる事を知っておこうね。

まとめ

今回、記事の品質アップって事で、
10項目に渡って書いてきたんだけど、
伝わっただろうか?

1.深く掘り下げる

書きたい内容をしっかり深く掘り下げて、
読み応えのある文章を書きたいよね。

2.自分の思い書く事。

自分の思いや経験を盛り込んだ方が「共感」されて、
また読んでみたくなるよ。

3.ゴールを決める事

書きたい文章を決めたら、
最終的に、どこに結論を持ってくるのか?を決めないといけない。
結論が決まっていないと記事もブレブレになるよ。

4.自分の得意分野・誰にも負けない経験

経験や実践しているからこその、納得できる記事を書いて、
人の疑問に答えられる記事を書こう。

5.表記は統一

誰にでも分かる書き方も必要なんだけど、
加えて、ワードを統一する事も大切な要素だよ。

6.文末や表現を統一

「ですます調」で書くなら「ですます調」。
「である・だ調」であれば「である・だ調」で、
ちなみに、僕はタメ語で統一。

7.文章が長くなって、文章に疑問はないか?

文章を変に肉付けすると、
変な間違いが出てくるから、
気を付けたい。

8.同じ文章の中で、同じ単語を繰り返し使っていないか?

同じ単語を一つの文章の中で繰り返し使うと、
「あら?」って文章になるから、
注意が必要。

9.見出しの使い方の間違い。

見出しも大切なSEO対策になるからドンドン使いたいんだけど、
使う順番を考えないと、訳わからない文章になるから、注意が必要。

10.著作権法違反

他の人の文章をパクってくるのって違反行為。
全文コピペなんて事はやめようね。
グーグルに削除願い出せる事を知っておこう。

と言う感じでまとめたよ。

記事の質を上げると、
グーグルの評価も上がる、
強いては、検索結果も上位表示されやすくなる。
だから、
コンテンツ力をどんどん上げて、
記事の品質アップに努めようね^^

コメント

  1. まりあん より:

    こんにちはー。
    学校の用事で、あまり進まず
    ヒイヒイ言ってる状況なんですが、
    ストレスたまって、なんか死にそうってなって、ネット見て気分転換しに来ましたぁ。

    アフィリエイトは同じように神経やら目を使ってしてても死ぬーとは思わないのに。

    自分からやろうと思ってるかどうかで変わるのね。
    お勉強になります。
    色々考えたり覚えないといけない。
    ほんと難しいなぁ。

    でも無駄にしたくないからがんばるつもり。

    • より:

      まりあんさん>
      いらっしゃいませ^^
      そうですよ~!
      自分の人生は自分の責任ですから!
      悔いのない人生を送りたいですしね^^
      イロイロあるでしょうけど、
      がんばりましょ!

  2. ロコ より:

    こんにちは。
    今日の記事も興味深く拝読
    させていただきました。

    ブレないって、大事ですよね。

    私は記事を書く時に結論が最初とは
    違った方向に逸れてしまうことがあるので
    先に結論をノートに書いて気をつけています。

    今日の記事も参考になりました。
    ありがとうございました。

    応援して帰りますね。

    • より:

      ロコさん>
      いらっしゃいませ^^
      そうっすね。
      結論をしっかり決めていないと、
      ブレブレのフニャフニャな記事になっちゃいます。
      芯が通ってたら、
      ガチガチの力強い記事が書けますしね^^
      またいらしてくださいね^^
      コメント有難うございます。