面白い魅力的な記事の書き方 【音声セミナー付き】

「面白い魅力的な記事の書き方 【音声セミナー付き】」とは?

面白い記事ってなかなか書けないよね。

でも、

コツさえつかんでしまえば、

面白い記事はあなたの物!

是非、手に入れて、

自分の物にしてほしい。

それでは解説するね。

それでは、音声セミナーはこちら!

<準備編>

◆テーマを決める

何を書くのか?をしっかり決める。
決めるのは1記事1テーマ。
そして、
検索エンジンからの流入を基本に考えないといけない。
ここを外すと、
絶対に後々にパワーを発揮できないよ!

◆タイトルを決める

検索エンジンを意識して付けるんだけど、
この時点では、完全に検索キーワードのみで、
作る。
例えば、この記事であれば、
「面白い記事」って言うのが、
とりあえずのタイトル。
記事を書き終わったら、
肉付けして完成させるよ。

◆目次を作る

書きたい内容をピックアップする。
ここで、
ライバルになる記事をみたり、
自分の持っているノウハウを項目で書き出して、
出しきったと思ったら、
体系的にまとめる事。

<テクニック編>

◆自分を出す

自分を出すと言うのは、
あなたの顔写真を出すと言う事ではなくて、
あなたの思いを伝える。

◆例を使う

何かを伝えたい時は、
事由・事例・結論とまとめると、
分かり易いよ。

◆感情表現をする

感情表現を使っていない文章だと、
圧倒的にセリフが少ない。
セリフを入れないと、
リアルな表現が出来ないんだよね。

◆つかみを入れる

記事ってさ、
いきなり書き出しても、
面白くないと、即行で×ボタンを押されて、
よそに行かれちゃうのね。
だから、
「つかみ」を入れるんだよ。

◆思いっきり否定をする

否定すると、
「何んだよそれ!」とか、
「何が言いたいんだ?」とかって印象が残って、
読んでくれる人も多い。
でも、
否定した事をナゼ否定しているのか?と言う
説明をしないと納得してくれないよね。

◆興味深い内容を書く

商品や商材を紹介する時に、
内容を書くのは当然なんだけど、
その内容が、どう体に良いのか?
あなたに、どう働くのか?って内容を書くと、
興味深い記事になるよ。

◆失敗談を入れて昇華させる

人ってさ、
人の失敗談に超興味があるんだよ。
あなたも好きでしょ!
だから、
あなたの失敗談から昇華させて、
記事を書くと効果的だよね。

◆視点を変えると記事が変わる

視点を変えると言う事はキーワードをずらすと言う事。
「面白い記事」とするよりも「資産価値のある記事」にすると、
書く内容も変わってくるでしょ。
こんな感じでキーワードをずらすと文章が変わって面白くなるよ。

<オリジナリティに拘る編>

◆生活や体験からキーワードを抜き取る

普段の生活と、記事を結び付けて、
キーワードを作り出せる事ができたら、
ネタに困らないし、
普段の生活から抜き出しているから共感もされやすいよ。

◆読者からの質問や問合せを書く

質問とか問合せって、
読者とあなただけのコミュニケ―ションだから、
誰にも真似できないし、
作る事もできないんだよ。

と、「面白い記事」について書いたんだけど、
伝わっただろうか。
面白いには色々要素もあるし、
ルールもあるから、
しっかり理解すると、
読者を掴みやすいよ。