超簡単! 面白いメルマガの作り方 5つの秘訣

「超簡単! 面白いメルマガの作り方 5つの秘訣」とは?

アフィリエイトをやっていたら特にそうなりがちなんだけど、

メルマガって、どんどん増えていく物。

そして、

ショッピングサイトとか、

どこかでユーザー登録なんかしても、

メルマガって増えて行くよね。

目的があって読むならいんだけど、

読む気もなくて、

送られてくるのって、

本当にイヤなもの。

僕は、

アフィリエイト以外で意図的に取っているメルマガって、

実は1件しかない。

それはね、

埼玉・浦和にある、

ロイヤルパインズホテルのメルマガ。

季節のレストランメニューがどんどん配信されてくるんだけど、

そもそもホテル系の広告を扱っていたって事もあって、

僕にとって身近だったんだけど・・・

もしも、

本当にもしも!

女性と仲良くなって、

極々稀ではあると思うんだけど、

「豪華なランチとかディナーを食べに行こう!」って、

話しになった時のタメに、

メルマガを取っている。

え?

「そんな事あるわけないじゃん!」って言いました?

うっさいな~!

あくまで「もしも!」よ!

こう言う情報に詳しい方が、

男のポテンシャルが高く感じられるでしょ!

ちなみに、

男なら、女性の喜ぶ情報はゲットしていないとダメだよ!

↑↑↑お決まりの突っ込みって事で^^

まぁ、

そんなワケでメリットがあって、

メルマガを取ってるんだけど、

個人で発行するメルマガって、

こんな情報でなくても、

いいのね。

極々身近な情報でも良いし、

むしろ、

親しみがある方が良かったりもする

あ、

僕の発行しているメルマガは、

徹底的にブログアフィリエイトのノウハウに特化しているけどね^^

そんなワケでメルマガのメリットを書いたんだけど、

面白いメルマガの秘訣を解説していくね。

面白いメルマガを書くマインド

メルマガを書く上で、

必要なのが、マインド。

なんでも適当に書けば良いと言うわけではないよ。

セールスのメールばっかりもらっても嬉しくないし、

教育ばっかりでもつまんない。

書く目的も必要だから、

効果的なメルマガを作っていきたいよね。

・メディアとして、広告の頻度を考える

メルマガって、あなたの作るメディア。

だから、

当然、あなたの思っている事や、

体験・考えを発信すれば良いんだけど、

でも、

一番の目的は、
セールスだよね。
だからと言って、
セールスのメールばかり流しても、
つまらないし、
読んではくれない。

だから、

あなたのメディアとしてのメルマガを意識して作る事。

あなた自身の事を発信して、

たまにセールスをしかける。

参考になるのは、
テレビ番組。
30分の番組でどれだけのCMを流しているだろう?
これを考えると、
自然と答えが出るんじゃないかな。

・メルマガは教育ではない

「メルマガ」って必ず役立つ必要は無いのね。

いつもいつも役立つ内容を配信する必要はないんだよ。

読者に尊敬される事を書かないといけない物でもないし、

読者に賢くなってもらう物でもないのね。

メルマガって、

読者との関係を築く物だと言う事を意識しよう。

この意識をする事で、

メルマガで書く内容が格段と広くなるんじゃないだろうか?

一番良く言われるのが、

エンターテイメント性だよね。

でも、

エンターテイメント性って、

難しく聞こえるかもしれないけど、

必要なのは、

あなたのストーリー。

日々の出来事や、

家族の事、

ペットの事、

仕事の事、

などで充分。

「この人、日々充実しているんだなぁ」とか、

「嫁さんの事愛しているんだなぁ」とかって、

思える内容であればOKなのね。

教育の内容ばかりだと、

ネタも尽きるし、

つまらなくなるんだよ。

だから、

メインは「エンターテイメント」。

あなた自身を配信していこう!

・誰に向かって書くかを決める

誰にでも読まれるメルマガって、

実は、

誰にも読まれないって分かっている?

読者の感想で、

「あ、隆さん、私の事書いている!」って思ってもらえる事が、

一番大事。

つまり、
1人に対して書く事で、
「ピン!」と来たり、
「ハッ!」としたりするのね。

例えば、

「そこのサラリーマンの人!」って、

街中で声を掛けても、

誰も振り向かないでしょ。

でもね、

「そこのグレーのスーツを着た、赤いネクタイの、バックを抱えている人!」って、
声をかけると、

「私の事?」って認識して振り向いてくれるんだよ。

つまり、

ターゲットは具体的であれば具体的なほどいいのね。

そして、

「そこのグレーのスーツを着た、赤いネクタイの、バックを抱えている人!」って、
声をかけると、

グレーのスーツを着たダケの人、
赤いネクタイだけの人、
バックを抱えているダケの人も振り向いてくれる可能性があるって事なんだよ。

ターゲットを絞る事って、

1人に絞りながら、

その他大勢に目を向けているって事を知っておかないといけないよ。

毎日面白いメルマガを書くコツ

毎日メルマガを書くコツは、

日々の行動からネタを仕入れる意識が必要。

普段の生活から抜き出せないと、

ネタには困るし、

続かなくなるよ。

・ネタを作る

普段、生活していると、

いつも同じ行動を取りがちなんだよね。

つまり、

同じ通勤時間、

同じ昼食、

同じ仕事、

同じ就寝時間。

だから、

時々、違う物を取り入れる事。
昼飯を変えたり、
ちょっと早く起きてちょっとだけ運動するとか、
ちょっと早く通勤するとか、

こうする事で、

書くネタが出来て、

ネタに困らなくなるよ。

・書く頻度を増やして書く時間を決める

メルマガって、

毎日書く事が一番読まれるよ。

たまにしか来ないとか、

二日置きとかだと、

どんどん読者も離れていっちゃう。

だから、

毎日が一番いいんだけど、

毎日だと超大変なんだよ。

だから、

毎日書くなら、

書く時間を決めて書くのが効果的。

例えば、

1通のメルマガだったら、

15分で書くとか、

30分で書くとか、

とにかく

時間を決めて書く事をしないと、

いつまでも時間がかかるし、

日々の生活すらもできなくなるよ。

その為には、

しっかり準備して書こうね。

この準備がないと、

時間を設定しても、

なかなか終わらないから。

まとめ

今回、「簡単に作る 面白いメルマガの作り方 5つの秘訣」と言う事で、

面白いメルマガを書くマインド
・メディアとして、広告の頻度を考える
・メルマガは教育ではない
・誰に向かって書くかを決める【ターゲットを決める)
毎日面白いメルマガを書くコツ
・ネタを作る
・書く頻度を増やして書く時間を決める

と言う形で解説しいたんだけど、

伝わったろうか。

面白いメルマガって、

「ドッカンドッカン笑わす」事で作られるわけじゃない事を、

認識しよう。

あくまでも、

信頼関係を築く物だよ。

ここは絶対に押さえていこうね。

そして、

メルアドのゲットに励んで欲しい!

Infinity Power Project(IPP通信)
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

FC2ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^

ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^
にほんブログ村に参戦中!ポチッとしてね^^
コメント
マッキー
2017/12/15
 隆さん ごきげんよう。 自分の努力で手に入れた成功と自信って かけがえないですよね。 一歩ずつ着実に努力していきます。 素敵なご提言をありがとうございます。
2017/12/11
 まりあんさん> どもども^^ どんどん実績作って行って、 早く報酬を得られたらいいですね^^ がんばりましょう!
まりあん
2017/12/10
 わーい! ありがとうございます! お礼に、、 せめてオールポチッとな。 初報酬は、お友達からの楽天購入、。 自力はまだなんで頑張ります!
2017/12/10
 葵さん> いらっしゃいませ^^ そうですねぇ。 キーワードを統一させると、 強豪も打破できますよ~! 頑張ってくださいね^^
2017/12/10
 マッキーさん> いらっしゃいませ^^ コメント有難うございます。 是非、このノウハウを使って、 作り込んでいってください。 がんばりましょうね!
2017/12/10
 つかっちさん> いらっしゃいませ^^ コメント返し遅くなりました。 このノウハウ知ってるんですね。 頑張って作ってくださいね^^
2017/12/8
 はじめまして、葵と申します。 ブログランキングから訪問させていただきました。 キーワードを統一させることが大事なんですね。 参考にさせていただきます。 また訪問させていただきます。
マッキー
2017/12/8
 隆さん ごきげんよう。 記事の書き方に試行錯誤していますが、 『1つのキーワードで、複数のタイトルを使って、 内容の違う複数の記事を書く』を心掛けて、 これから書いていきたいと思います。 ためになるご提言をありがとうございます。
つかっち
2017/12/7
 隆さん、こんにちは。つかっちといいます。 キーワードを統一させた、サイトやブログを 私も目指しています。 頑張ります。
2017/12/6
 まりあんさん> いらっしゃいませ。 どうぞどうぞ。 登録して、ゲットしちゃってくださいな。 初報酬をねらっちゃって!