キーワードのズレは、仲間うちにも?

「キーワードのズレは、仲間うちにも?」とは?

つい先日、行っていた現場を納めて、

新しい現場に入っているのね。

今回は職人として入っているんだけど、

もちろん、

また新しい出会いとか、

楽しい人を見つけたりしていて、

けっこう楽しんでいる。

それで、

寄って来てくれるのが、

やっぱり、

ヤンチャ系のお兄さん(笑)

別に拒否はしないけど、

最初のうちは様子を見ていて、

話しかけると、

どんどん仲良くなってくれる。

たぶんシンパシーとかを感じるんだと思うんだけど、

どんどん仲良くなって、

「じゃ、今度飲みに行きますか!」とずれなるんだなぁ^^

あ、
別に嫌って話しじゃなくて、

人って面白いなぁって、

ついつい思っちゃう所なんだよね(^^)

他の人とも、
もっともっと仲良くしたいのに、
これ以上踏み込めない気もしてくる事も多々ある。
まぁ、相手の僕に対する思いもあるんだろうけどね。

人って、

そもそも、

出会った場面とか、

シチュエーションで、

「この人とはここまでの付き合い」って決めちゃう所があるから、

しょうがないんだけど、

少し残念な気もするんだよね。

ネットの世界ってさ、

問題解決ができる、

コンテンツ力にかかってるんだけど、

検索エンジンで検索していて、

「この内容ではないんだよなー」って思う事ってあるよね。

そして、

逆もしかりで、

キーワードを攻めすぎていて、

良いキーワードを使っているつもりなのに、

検索に引っ掛からない。

こう言ったものがキーワードのズレとして現れるんだよ。

つまり、

検索意図に合わないキーワードの選定がキーワードのズレを発症させるのね。

これは本当に悲しい事で、

検索されても、

なかなかたどり着いてくれないし、

読まれる事はなくなっちゃうんだよ。

だから、

書きたい事の記事タイトルに使うキーワードの選定をしっかりやらないと、

ズレが起こってしまって、

検索順位を上げられないどころか、

検索にすら引っ掛からない事も。

Googleって、

そのページの滞在時間も監視しているから、

入って速攻で出ていきましたって事になったら、

Googleからの評価も下がっちゃうんだよ。

だからね、

タイトルに使うキーワードの選定って本当に大切で、

慎重にならないといけないよ。

もしも、

使いたいキーワードの供給が多いのであれば、

長い目で見て、

これから、

同じカテゴリーで、

同じキーワードの記事をいつくか書く様にしよう。

そうすることで、

あなたのブログの価値も上がるし、

パワーも付いてくるよね。

追伸

キーワードのズレって本当につまらない。

ちょっとずらして、

検索する側が、

ずらしたキーワードで検索してくれればいいし、

検索結果にも良い影響がでるんだろうけど、

それはこっちの都合だったりするんだよね。

一番いいのは、

ビックキーワードで勝負できるといんだよねぇ。

最近さ、

ビックキーワードの勝負のかけ方を研究してるんだよねぇ。

いずれ公開できると感じるから、

待っててね(^^)

そして、

早くブログのパワーを付けようね(^^)

コメント

  1. ヨシヒコ より:

    こんにちは。

    キーワードって難しいですよね。。。
    ピタっとはまるものが見つかればと悩まされます

    人間関係も似ていますね。

    でも、そこが面白いところでもありますよね^^

    • より:

      ヨシヒコさん>
      いらっしゃいませ^^
      そうっすね。
      人間関係もなかなか上手くはいきませんね。
      そうなんですよ。
      面白いと感じられれば、
      楽しめますよね。
      コメント有難うございます^^