伝わる記事が書けない時の3つの対処方法

「伝わる記事が書けない時の3つの対処方法」とは?

ブログを書くって簡単に言うけど、
そう簡単に記事なんて書けないし、
伝わり易く書くなんて難しいよね。

今の現場で、

先輩が「こうやって!」「あぁやって!」ってリクエストしてくるんだけど、

時々、僕の方でも疑問に思った事とかを質問するのね、

すると、

どう言うわけか、

「こうやって!」とか「あぁやって!」って言うリクエストをごり押ししてくるのね。

最近、ようやく分かってきた事が、

この人、

「人との会話に慣れてないんだ!」って事が分かってきたのね。

その理由は、

全く人の話しを聞けないって事はさ、

その人に「会話の余裕が無い」からじゃないかなぁって感じてきたのね。

つまり、

「何かをリクエストする」事で精一杯で、

それ以上の事を考えられないって事なんじゃないのか?って、

最近分かり始めてきた^^

そして、

もっと酷いのが、

僕が気になった事を聞くと、

何故だか、

自分が否定されている様に感じている様なんだよねぇ。

「これはヤバいな」って直観的に思っちゃったんだよねぇ。

下手に会話すると、

怒らせる原因になるし、

評価も落とされるから、

ここは「イエスマン」に徹する事が肝要なのかも・・・って、

最近、思い始めている。

と、まぁ、

世の中には、

言っている事が全く伝わらない人もいるって事が分かったんだけど(笑)

ブログってさ、

興味のある人が読んでくれるから、

全く伝わらないって事はないと思うんだけど、

それでも、

伝わりにくい時もある。

しかも、

書いている張本人が、

「どう書いて伝えればいいか?」が分からない事もあるんだよね。

そこで、

どうやって伝えたらいいのか?

どうやって思った事を記事にすればいいのか?を、

お伝えするので、

読んでみて欲しい。

「伝わる記事が書けない時の3つの対処方法」

1.体験から書く。

この記事を最初から読んでくれていると思うんだけど、

っつうか、

いきなり、ココから読み始める人もいないよね(笑)

この記事の前半って、

僕の体験談から始まっているでしょ^^

こうやって、

体験談を交えて自分の伝えたい事を解説していく。

記事ってね、

体験談から入ると、

読者的は記事にとても入り易いのね。

だから、

体験談から入ると効果的。

そして、

その体験談が伝えたい事とリンクされていれば、

更に良いよね。

頭に例え話をしている様なもんなので、

更に伝わりやすくなるんだよ。

2.例を使って伝える。

文章ってね、

例を出して伝えると、

更に伝わり易くなるんだよ。

例えば、

ベネフィットを説明するのに、

「商品を使った時の未来の自分をイメージできる事がベネフィットだよ!」って

書いてもイマイチ伝わらないよね。

でも、

例えば2

この商品を使うと、

「あなたは3ヶ月後には可愛い彼女ができて」、

「ウキウキな生活が出来る様になるんだよ!」

って説明されると、

読み手は、

「この商品を使うと、こんなに良い未来が待っているだぁ!」ってなるよね。

これがベネフィットだよ。

例えば終了

こんな感じで、

例を用いて書いてあげると、

「なるほど~!」ってなるでしょ^^

これが例を使った効果だよ。

ただ言葉で説明しようとすると、

難しくなる言葉も、

例を出して説明すると、

分かり易くなるよね。

3.感情表現を入れる

その場をリアリティを持って伝えると、

人には、

その状況が良く分かって、

より理解が深くなるんだよ。

例えば、

検索エンジンからの流入がないと、
自転車操業になってしまって、
これからのブログ運営に支障をきたすよ。

とするなら、

例えば2

最近、

「マジ、やべぇ!」

「これって、超問題だよなぁ!」

「これじゃ、自転車操業だよ!」って本気で思った。

実はさ、

検索エンジンからの流入がない事が分かったんだよ。

これってさぁ、

本当にヤバい事で、

検索エンジンからの流入が無いって事はさ、

SNSからのアクセス以外にアクセスは無いって事じゃん!、

つまり、パワーブログになれないって事なんだよ。

例えば終了

いかがだったろう?

感情表現をすると、

結構リアルに伝わってくるよね。

こうやってリアルに感情表現を入れて書く事で、

読者に伝わり易くなるんだよ。

まとめ

「伝わる記事が書けない時の3つの対処方法」は、

1.体験から書く。

2.例を使って伝える。

3.感情表現を入れる

この3つを使い倒そう!

記事って書いているだけじゃダメで、

分かり易く書く事で、

記事にのめり込んでくれるし、

滞在時間も増えてくるんだよ。

だから、

この3つ、

使ってみてね^^

Infinity Power Project(IPP通信)
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

FC2ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^

ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^
にほんブログ村に参戦中!ポチッとしてね^^
コメント
マッキー
2017/12/15
 隆さん ごきげんよう。 自分の努力で手に入れた成功と自信って かけがえないですよね。 一歩ずつ着実に努力していきます。 素敵なご提言をありがとうございます。
2017/12/11
 まりあんさん> どもども^^ どんどん実績作って行って、 早く報酬を得られたらいいですね^^ がんばりましょう!
まりあん
2017/12/10
 わーい! ありがとうございます! お礼に、、 せめてオールポチッとな。 初報酬は、お友達からの楽天購入、。 自力はまだなんで頑張ります!
2017/12/10
 葵さん> いらっしゃいませ^^ そうですねぇ。 キーワードを統一させると、 強豪も打破できますよ~! 頑張ってくださいね^^
2017/12/10
 マッキーさん> いらっしゃいませ^^ コメント有難うございます。 是非、このノウハウを使って、 作り込んでいってください。 がんばりましょうね!
2017/12/10
 つかっちさん> いらっしゃいませ^^ コメント返し遅くなりました。 このノウハウ知ってるんですね。 頑張って作ってくださいね^^
2017/12/8
 はじめまして、葵と申します。 ブログランキングから訪問させていただきました。 キーワードを統一させることが大事なんですね。 参考にさせていただきます。 また訪問させていただきます。
マッキー
2017/12/8
 隆さん ごきげんよう。 記事の書き方に試行錯誤していますが、 『1つのキーワードで、複数のタイトルを使って、 内容の違う複数の記事を書く』を心掛けて、 これから書いていきたいと思います。 ためになるご提言をありがとうございます。
つかっち
2017/12/7
 隆さん、こんにちは。つかっちといいます。 キーワードを統一させた、サイトやブログを 私も目指しています。 頑張ります。
2017/12/6
 まりあんさん> いらっしゃいませ。 どうぞどうぞ。 登録して、ゲットしちゃってくださいな。 初報酬をねらっちゃって!

コメント

  1. まりあん より:

    ネット上での付き合いの方が、表情見えないし、言葉だけだから誤解されたり嫌われたりしやすいかもしれない。

    検索してでも読みに来て貰えるように
    売り込めるようなネタ探さないとなー。
    ブログの運営だけじゃないから難しいね。

    • より:

      まりあんさん>
      そうだね。
      文字だけだと、
      誤解とかも生じやすいかもね。

      ネタかぁ・・・
      まずは売れる商品を探してみたら?

      売れるネタが見つからないのは、
      キーワードを拾ってないからじゃないかなぁ。
      まずは売りたい商品をみつけて、
      そこから、
      実際にネットでリサーチをかけてみて、
      それから、
      100個のキーワードを作れるのか?を考えた方が、
      近道だと感じるよ。

      ASPは登録して、
      覗いてみてるかな?
      僕は情報商材を売りたいから、
      インフォトップをメインにイロイロ探しているよ。

  2. ヨシヒコ より:

    こんにちは。
    日常のやり取りをブログで活用したり
    自分の感じたことを率直に表現すると伝わりやすそうだと感じました
    すごくわかりやすくて読みやすかったです^^

    • より:

      ヨシヒコさん>
      いらっしゃいませ。
      そうっすね。
      記事のキーワードは、
      普段の生活から抜き出せると、
      ネタに困らなくなるよ。
      伝わり易いしね^^
      またいらしてくださいね。

  3. マッキー より:

    隆さん ごきげんよう。
    確かに体験談や例え話、感情表現を入れると
    グッと伝わりやすくなりますね。
    ぜひ、実践してみます。
    ためになる情報をありがとうございます。

    • より:

      マッキーさん>
      いらっしゃいませ。
      そうっすねぇ。
      体験談とか感情表現、例え話しは伝わります。
      読み手も記事に入り込んでくれるんですね。
      是非是非使ってみてください。