メンタルトレーニング 失敗した時の対処方法・考え方

あなたのメンタルは、自分を見つめていますか?

何か失敗を起こした時に考え方の違いが明らかに出てきます。

どう考えて、どう対処するのか?

それが、一番大切なんです。

何事も上手く行かせるためのメンタル(考え方)ってあります。

メンタルが強いと言いますが、

あまり強さはいりません。

ニュートラル状態から生まれる強さはあります。

例えば、

仕事をしていて、失敗した時に、

「言われた通りにやったじゃん!」とか、

「約束の時間通りに来たじゃん!」とか、

「あれやったの○○じゃん!」とか、

「そもそも○○って間違ってるじゃん!」とか、

「それ、オレのせいじゃないじゃん!」と、

すぐに考えてませんか?

あなたからすれば、

「オレのせいじゃないのに!」ってなってませんか?

正直に言うと、見苦しいです。

そう思っている時点で、間違いなんです。

過ちを犯した時点で。あなたに比があるんです。

いちいち反論したり、正当化する場面じゃありません。

良く考えてみて欲しいんですが、

この反論・正当化。

必要ですか?

普通に会社員として働いていても、

独立して、一人で仕事をしていても、陥る場面です。

良く考えてみてください。

はたして、今回の過ちは全て「人」や「物」の責任なんでしょうか?

細かい事を言うと、

その過ちが起こる前にやれる事はなかったでしょうか?

事前に対処できる事はありませんでしたか?

前もって、先回りして何かを講じる事はできなかったでしょうか?

何かを始めるにあたって、危険を予知して、事前に対処する事って

できるんです。

それをしなかった貴方にも問題がありますよね?

「何事にも自分で責任を取ってないと、こうなるんです」。

物事の考え方って、

「まずはニュートラルな思考に戻って、考えると良いんです」。

そして、

「どうすれば上手くいったのか?」をよ~~~~く考えて、

誤りを今潰せるのであれば、今潰して、

次の時に迂回できる物であれば迂回する。

そうやって、次に備えましょう。