アクセスを集めるタイトルの付け方5つの秘訣

「アクセスを集めるタイトルの付け方5つの秘訣」とは?

人って、優しそうだったり、楽しそうに見えると、
人が集まってくるよね。
しかも、そこに仕事が出来たりすると、カッコイイってなる。

人は90%以上見た目で判断するし、
されてしまう。
でも、後でギャップに気付き、本当にいい人だと判断されたり、残念がられる時がある。

あなたも、そんな体験をした事はあるよね?

「イヤイヤー、人は中身っしょ!」と言うのは、
見た目もそれなりに良い人が言う言葉。

こと、インターネットについても、
最初のファーストインプレッションが物を言う。

何かを検索した時に、
「これは、私の求めている情報」だと、
検索結果をみただけで、
どんな内容なのかを判断して、
中身を一切見ないで読むか読まないか決めてるよね。

つまり、
タイトルって、
かなり重要なファクターで、
タイトル一つで、
読まれるか読まれないかが決まってしまうんだよ。

だからね、
記事を書いたら、
タイトルを付けるのに、
記事を書く時間と同様の時間をかけてでも、
良いタイトルを作る必要がある。

それでは、
アクセス数を効率良く集める
記事タイトルのつけ方いっちゃいます!

記事タイトルのつけ方

・需要のあるメインとなるキーワードを記事タイトルの頭に置く。
・ロングレンジキーワード(息の長いキーワード)を記事タイトルに含める。
・競合サイトが弱いスモールキーワードを記事タイトルに含める
・2語以上の複合キーワードをメインキーワードに使う。
・記事タイトルは28文字前後にする。

順番に説明していきます。

1.需要のあるメインとなるキーワードを記事タイトルの頭に置く。
当然なんですが、誰も検索しないキーワードを使っても全く意味がないので、
タイトルの頭に需要のあるメインとなるキーワードを配置する。

2.ロングレンジキーワード(息の長いキーワード)を記事タイトルに含める。
ロングレンジキーワードとは、
瞬間的に需要があるキーワードではなく、長い期間検索需要のあるキーワードです。
理想のロングレンジキーワードは
「過去から未来までずっと検索されるキーワード」です。
ロングレンジキーワードかどうかは・・・

例えば、
ロングレンジキーワードは、
あなたの普段の生活の中にも多く存在します。

日本人であればほとんどの方が同じような
生活スタイルをしているはずです。

なので、
生活の中で疑問に思ったり、調べたりすることは需要があることが多いです。

3.競合サイトが弱いスモールキーワードを記事タイトルに含める
スモールキーワードを記事タイトルに含める
一言で言うと、あまり使われないキーワードです。
メインで使われない分、濃度の濃い読者を狙えます。

4.2語以上の複合キーワードをメインキーワードに使う
2語以上の複合キーワードを
メインキーワードに使っていきます。

特に、
サイトを立ち上げたばかりの時はサイトパワーも弱いので、
単体のメインキーワードだと上位表示が難しいです。

2語以上の複合キーワードにする狙いは、
競合サイト(ライバルサイト)を減らす
という理由もありますが、
濃い読者を獲得する事ができるキーワードなんだよね。
できたら、
スモールキーワードを複合にして使うのが効果的。

5.記事タイトルは28文字前後にする。
検索エンジンのタイトルを認識する文字数は、28文字と言われている。
そこで、28文字をメインにして書いて行くと効果的。

記事タイトルが上手く作成できれば
それで終わりではありませんので、
注意が必要。
ただし、記事に書く内容を決める意味でも
記事タイトルが非常に重要になりますので、
今回の内容はしっかりと理解しておきましょう。

最後に、僕のキーワードの作り方のポイントを一個書いちゃいます。
それは、
作ったキーワードで、
「キーワード検索してみる」、です。
検索してみて、
ヒット数が100万件未満の場合のみ使用しています。

つまり、
全く検索されないタイトルだと意味がないので、
検索されるタイトルにしたいんだけど、
あまり、競合の多いタイトルだと表示してもらえないので、
100万件以内の検索結果の場合のみを使用しているんだよ。