伝わる文章を書く 3つの秘訣と練習法

「伝わる文章を書く 3つの秘訣と練習法」とは?

あなたのブログに読者はいるだろうか?
伝えたい事は伝わっているか?

ほとんどの人は、伝わっていると思い込んでいる。

しかし、
実は、全く伝わっていないんだよね。

それは、
1.文章が難しかったり、
2.1記事で複数のテーマを話したり、
3.話しが飛んでワケわからなくなったりしている可能性がある。

そんな時、
どうしたら良いか?
考えてみよう。

1.文章が難しい。
自分がある方面で専門家の場合はありがち。
ついつい、業界の人と話しているのと同じ話し方を文章にのせている。
これでは、全く伝わらない。
例えば、
僕は昔SR に乗ってて、キャブをTMR に変更、マフラーもヨシムラサイクロン、スプリングはオーリンズ、ホイールはエクセルのHリムと言うメニューでチューンナップしていたんだぁ。
峠が楽しかったよ(^^)

なんて説明されても全く分からないよね。
だって、バイク用語だもん。
こんな文章を使うなら、
それ専門のブログを書けばいい。
もし、素人もターゲットの記事を書くなら、これでは誰も共感しないよ。
誰にでも分かる書き方をしよう。

2.1記事で、複数のテーマを書いている。
1記事1テーマで書くと非常に分かりやすい。

しかし、
ついつい話が飛んで、
別の事を書いてしまう人もいる。

これをやると本当に分かりずらい記事になっちゃうよね。

だから、
1記事で1つの話にすること。
そうすれば、
読みやすくなり。理解しやすくなる。

3.話しが飛ぶ場合
そして、
話しが飛ぶのも同じで、
話しが飛ぶ場合って、
調子に乗って書いている場合が多いよね。
それの場合は、

話しをちゃんと元の場所に戻してあげる必要がある。
誰かと話ししている時も一緒。
話しが飛んでる場合は、
「つまり」や「まとめると」を入れて、
最終的に、話したい事をまとめて書くと、
非常に効果的。

つまり、
分かりやすい文章を使って記事を書き、
1記事で1個の記事を作り、最終的に「つまり」で締めくくる。
これを繰り返しやる事で、
記事を書く力がついてくるよ。