超面白い記事を書く方法 感動と共感の3つの秘訣!

日々ブログ記事を更新していて、
常々思うのが、
「僕の記事は面白いのか?」と言う事じゃない?

実際の所どうなんでしょうね?

じゃ、
面白い記事ってどんなものなんでしょう。



あ、

もしかして、

面白いって、「笑える事」だと思ってないかい?

ノンノン!

そ~じゃないだよねぇ。

面白いのはね、

「感動」と「共感」なんです。

「そんなの面白くないじゃん!」って思いました?

それじゃ~ブログアフィリエイター失格ですよ^^

例えば、

映画を見て「あ~~~面白かった!」って感じた事ないかなぁ。

そう言う映画って、

確かに、

「スリリング」だったり「ワクワク」だったりするけど、

「泣いたり」「感激したり」「怒ったり」する事ってないかなぁ?

そう言うのを感動って言うのね。

あとね、

「あ~~~~そうだよね~~~」とか

「あ~~~~それ分かる~~~」と言う感想のある映画って、

ないかなぁ。

そう言うのって、共感って言うのね。

そう言う映画って、記憶に残るでしょ!

記憶に残る映画って、「面白かった」って言うんだよね。

だからね、

普段書いてるブログ記事も、

記憶に残る物にしたいじゃないですかぁ。

それには、

「感動」と「共感」がマジ必要なんです。

この、

「感動」と「共感」を抜きにして、

「面白い」はあり得ないんです。

それじゃ~

「感動」と「共感」はどうやって得られるのでしょう。

それは、

1.自分を登場させる。
2.事例を使う。
3.感情を表現する。

この3つ。

これが出来れば、

「感動」と「共感」を得られて、

面白い記事が出来上がるんです。

<例>

1.自分を登場させる。

わざわざ自分の顔写真を出す必要はありません。

ここで言うのは、自分の考えを言うということです。

世の中に役立つブログは沢山あります。

でも、

役立つだけで面白味に欠けます。

そう言うブログだと、すぐ鞍替えされて、もう訪問してもらえません。

そこで、自分を登場させます。

自分を登場させて、自分の考えや思いをしっかり伝えます。

それによって、書き手がどう思ってるのかを知り、共感できるんです。

2.事例を使う。

ただ説明しているブログって多いですね。

私もやりがちなんです。

でも、ここで事例を付けて説明したらどうでしょう。

<事例の無い例>

ブログを書く時に気を付けないといけないのが、自信の無い会話です。

自信の無い会話を書くのはやめましょう。

<事例の有る例>

ブログを書く時に気を付けないといけないのが、自信の無い会話です。

例えば、、、

「私はhtml を理解していると思うんです」

この最後の「思うんです」が良くないですね。

こう言った内容の書き方はやめましょう。

っと、こうなるのです。

事例があった方が圧倒的に理解しやすいですよね。

例を付けてより具体的に書いて行くと読者の理解も深まります。

3.感情を表現する。

自分が出てこないブログだと、セリフは圧倒的に少ないです。

しかし、セリフを入れると自分の感情が入るので、読者につたわりやすいですよね。

何より、自分を理解してもらえます。

例えば

<事例、セリフの無い例>
本日、工程表を元請けからもらったのですが、
あまりのスケジュールの厳しさに驚いて、
元請けさんに文句を行っちゃいました。

<事例、セリフの有る例>
本日、工程表を元請けさんからもらったのですが、
あまりのスケジュールの厳しさに、「ちょっと待ってくださいよー! 厳しすぎじゃありませんかぁ?」
と一言言ってしまいました。

っとこんな感じです。

違いは分かりますか?

セリフが入ると感情も伝わるので、人柄も感じられますよね。
いかがだったでしょうか。

「感動」や「共感」のできるブログの書き方でした。

ただ単に説明だけよりも、伝わりやすいのが分かってもらえるかなぁ?

ブログ記事で「感動」や「共感」をしてもらえると、

覚えてもらえるし、

次も読みたくなるよ。

メルマガを始めたよ!
ブログアフィリエイトをするにあたって、
必要な事満載なんだよね!
今は、登録してくれると、
プレゼントをもれなく付けている。
是非、登録してプレゼントをゲットして欲しい。
超簡単に登録できるけど、超簡単に登録解除もできるよ!
もちろん、無料で購読できるんで、
気軽に読んで欲しい。

Infinity Power Project(IPP通信)
SNSフォローボタン

フォローする

コメント
2017/7/22
 コメントありがとう(^^) 確かにー SEOは気にしないでもいいですよねぇ。 考えた事もなかったっす。 読者との距離って、 近ければ近い程いいですからねぇ。 どうすれば、 もっと信頼されるのか? 常に考えてますよぉ(*_*) ほんと難しいてすよねぇ。
アフィリ塩田
2017/7/21
 隆さんこんにちは^^ メルマガ重要ですよね~! 濃いファンをいかに作るかを考えたら メルマガは本当に大事ですよね。 読者さんとの距離も近いし、 SEO気にせず発信できるのもメリットですよね(笑)
2017/7/10
 どもども^^ そうなんですよねぇ。 だいたいそれで損しちゃうんですよ~。 どんどん自分を自由にして、 楽しまないと! 前向き最高っす! またのお越しをお待ちしてま~す!
アフィリ塩田
2017/7/10
 隆さん、こんにちは^^ 確かに自分を信じられなきゃ成功するわけないですよね。 結局行動するのは自分だし、ブレーキかけるのも自分。 成功するとか達成するって本気で思いこまなきゃ、 絶対に達成できないですよね! そしてその状況を楽しむって前向きで最高ですね^^
befourc-affili
2017/6/30
 どもども^^ そうですねぇ。 いまだに深いなぁって思いますよ。 難しいですしねぇ。 でも、 僕もまだまだ進化して行きますよ~! お互いがんばりましょう! コメント有難うございます。 またのお越しをお待ちしています^^
アフィリ塩田
2017/6/29
 隆さんこんにちわ^^ 文章って確かに奥が深いですよね! 自分が昔書いた記事を今見てみると すごく初心者っぽいし・・・。 でも今書いてる文章も2,3年後に見たら 恥ずかしく思うんでしょうね(笑)
befourc-affili
2017/6/26
 いつもコメント有難うございます^^ そうなんですよ~! 読者が喜ばないと、次に来てくれないですからぁ。 でも、 それを楽しめてるのって、超大切な事ですよね。 すげぇっす! 僕も、もう少し楽しまないといけないかなぁ(笑) また伺いますね^^
アフィリ塩田
2017/6/26
 こんにちわ^^ たしかに一記事入魂って大切ですよね。 冴木さんのおっしゃる通り読者を喜ばせるために知識も新しく身につけなきゃいけないですし・・・。 さらにそれを継続していかなきゃいけないですし・・・。 結構大変な作業ですがアフィリ塩田はそれが意外と楽しかったりします(笑) また遊びにきますね♪
befourc-affili
2017/6/19
 どもども^^ わざわざ、コメントいただいて有難うございます。 そうなんですよ! やればやっただけ結果が現れてくるのが面白い所ですよね^^ お互いに頑張りましょう! またのお越しをお待ちしています。
アフィリ塩田
2017/6/19
 隆さんこんにちわ。 リニューアルおめでとうございます! 実績は頑張れば頑張っただけ結果としてでますよね。 そして意外と見せることがすごく効果的ですよね。 応援してポチ、また来ますね。
にほんブログ村に参戦中!ポチッとしてね^^
ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^
FC2ブログランキングに参戦中!ポチッとしてね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. つくし より:

    隆様ブログにコメント頂いてやってきました。面白いブログ書かれているのですね!勉強させて頂きます☆ご活躍をお祈りいたします!

    • befourc-affili より:

      つくしさん
      いらっしゃいませ^^
      面白いですか?
      良かったぁ。
      そう言ってもらえると、
      マジ嬉しいっす!
      またいらしてくださいね。
      コメント有難うございました。

  2. 石郷岡 より:

    隆様、はじめまして。

    重要なのは、
    「感動」と「共感」なんですね〜
    なるほど、なるほど。
    勉強になります!

    応援していきますね!

    • befourc-affili より:

      石郷岡さん
      いらっしゃいませ^^
      訪問有難うございます。
      そうなんですよ^^
      うまく盛り込めるといいですね。
      コメント有難うございます。
      またの訪問お待ちしております。

  3. 曽我さゆり より:

    こんばんは。
    3.感情を表現する
    って大切ですね。
    人は感情でものを買いますから。

    またまいります。
    応援ぽっちしていきます~

    • befourc-affili より:

      曽我さゆりさん
      いらっしゃいませ^^
      そうですよね^^
      やっぱり感情ですね。
      もっともっと感情表現していければと思います。
      コメント有難うございます。
      またのお越しお待ちしてます。