最後まで読んでもらう4つのメソッド

「最後まで読んでもらう4つのメソッド」とは?

今時のブログ読者って言うのは、流し読みをしている人が多い。

ちょっとした空き時間にスマホで検索したり、タブレットで検索して、

欲しい記事を探して、さくっと読みあさる傾向にあるよね。

だから、

一目見て、気になる記事にしないといけないんだけど、

今回は、

記事に入ってからの事を書くよ。

1.「つかみ」を入れる事

一度入った記事を最後まで読んでもらうには、

訪問した時に、

「ん?」とか

「面白そう」とか

「何書いてあるんだろう」と言った興味を引かないと、

速攻で×ボタンを押され、

鞍替えされちゃうのね。

そうならないタメに、

記事の冒頭で、

やらないといけない事がある。

それは、

「つかみ」

「つかみ」でピンとこない人もいるかもしれないので

解説すると、

例えば、

漫才は、

必ず、漫才の始めに「つかみ」を入れて、

観客の注意を向けるんだよ。

「あれ、面白いかな?」とか、

「ん?なんだろう」とか、

「何やるんだろう?」とか。

そ「つかみ」を、

ブログ記事でもやる必要があるんだよ。

記事の冒頭で、

「あれ?」とか

「ん?」とか

「何書いてあるんだろ?」とかって、

思わせたら、

続きが気になるから、

読んでしまうよね。

2.深く掘り下げる

そして、

更に必要なのは、

「1記事入魂」。

記事に魂を込めて、

本気で書く事。

それには、

勉強した事を深く掘り下げる必要があるよ。

しっかり深く掘り下げて、

読者が納得できる記事を書く事。

読者が納得できない記事に価値は無いから。

3.自分を登場させる。

あなたの顔を出す事じゃなくてね、

自分が勉強した事に自分の考えを書くと言う事。

テーマにした内容に対して、

自分の考えや考察を書くと、

あなた独自のブログになるから、

差別化にもなるし、

ファンも付きやすくなるよ。

4.感情を表現する。

あなたの体験や調べた事に、

自分のセリフや感情を入れて書くと、

これもあなた独自のブログになるし、

感情表現をする事で、

共感されやすく、感動も生まれるよね。

まとめ

あなたの記事を最後まで読んでもらうには、

1.「つかみ」を入れて、

読者の興味関心を得る事。

2.取り上げたテーマに対して、

しっかり深く掘り下げて、

読者に納得してもらう事。

3.自分の体験や思いを書くことで、

あなたのファンが獲得できるよ。

4.記事にあなたの感情を表現する事で、

共感や感動を伝える事ができるよ。

この4つをやると、

最後まで読んでもらえるし、

読者になってもらいやすいから、

超お勧め。

ただ、参考書のような文章だと、

誰にも見向きもされなくなっちゃうので、

注意が必要だよ。