売れる文章の書き方 あなたの文章では売れない理由

「売れる文章の書き方 あなたの文章では売れない理由」とは?

コピーライティングを勉強しているだろうか?

売れるコピーライティングを身につければ、

確実に収入を手に入れる事ができる様になる。

現在、どんな最悪な状況でも、いろんな勉強をしていても、

売れるコピーライティングを手に入れれば、

確実に売り上げを上げられ、利益を伸ばし続ける事ができます。

むしろ、

集客やSEOをどれだけ勉強し追求するよりも、

しっかり売れるコピーライティングを学んだ方が、

人を集められるし、売上も上げる事ができます。

売れるコピーライティングと言うのは、

適切なトレーニングをやればやるほど、

どんどんスキルアップしていきます。

そして、

トレーニングとは、

書いては自分で読み、書いては自分で読みを繰り返しましょう。

読む時は音読をできるだけします。

これをやる事によって、

書いている内容をより理解し、自分に落とし込み、

必要な事や付け足さないといけない事が見えてくるからです。

それでは、

どうやって書いて行くのか?

まずは、売る商品を理解しましょう。

1.どう言う商品なのか?
強み・弱み・特徴など。

2.誰をターゲットにした商品なのか?

を理解する。

つまり、

その商品の強み、

対象者層を明確にイメージできないと、

売れる文章は作れません。

そして、

しっかり

ターゲットにしている対象者をイメージする。

”誰に対してメッセージを発信するのか?”

この商品が必要な人にメッセージを発信するワケですから、

この人達をイメージして書かないと、必要だと思えるコピーを

書くことはできません。

この人たちが、

「何故、この商品を必要としているのか?」、

「何故、この商品を使いたいのか?」、

を明確にイメージする事が大事です。

そして、

3.その商品を使った時のメリット。

このメリットが「商品の価値」を引き上げる掴みの部分となるんです。

この商品の魅力を伝えるだけではなく、

しっかり「商品を使った時のメリット」を伝える事で、

商品を購入した時に得られる商品を価値を伝えられるワケです。

そして、

その商品の魅力だけを伝えるのではなく、

その商品を導入した際に得られるであろうメリットを伝えるという事なんです。

つまり、

上辺だけのテクニックを追求するのであれば、

1.どう言う商品なのか?
強み・弱み・特徴など。

2.誰をターゲットにした商品なのか?

3.その商品を使った時のメリット。

この3つをしっかり理解して、

対象である人達をイメージし、

商品の魅力もさることながら、メリットを伝えると言う事。

そして、

書けるのであれば、

商品を使った感想や、使った時のデメリットも書くと、

読んでいる人の信頼も獲得できるので、

購入率があがります。