アクセスを増やすのに必要な事がある 売上を伸ばすアクセスアップ法

アクセスを増やすのに必要な事がある 売上を伸ばすアクセスアップ法とは?

アクセス数を増やすのも必要なんだけど、
内容にもこだわりたいよね。
どんな属性のアクセスで良いわけではないから。

質問があったので、
後悔しちゃうね^^

===質問===
ブログ作ってアフィリエイトやろうかと思うのですが、
何故訪問者の数を増やせば儲かるのか仕組みが分かりません。
例えば記事に商品のリンクを張りクリック先で買ってもらえれば報酬を受けられる、
これは分かります
しかし訪問者が増えてもクリックして買ってもらう数とは無関係な気がします。
分母は増えますが。
ネイバーのまとめはビュー数=訪問者数で儲かる、これは分かります。

二点目の質問です。
ブログの内容は本を読んだ感想を書いてAmazonアフィリエイトに登録するタイプで始めようと考えています。
しかし以前ニュースでネタバレは出版社から訴えられると聞きました。
結末を書かない感想ならいいのか、あらすじも駄目なのか、ラインが分からないのです。

アフィリエイトに詳しい方教えてください。

===質問はここまで===
===回答===
商品が売れると言うのは、
提供している情報が、
訪問してくれた人に対して、
フィットしていて、
買いたいと感じるから売れると、
僕は感じでいます。
だから、
訪問者数の上昇イコール販売数上昇とは、
一概に言える事ではありません。

この辺りは、○○さんと同じ考です。

だから、
ただ単にアクセスだけを伸ばしても、
売り上げが上がると言う構造は当てはまらないと思う。

でも、
世の中の企業などは、
統計や比率を使って、
売り上げを予測するって事を行っているのも事実。

つまり、
アフィリエイトの世界でも、
どれだけの人が訪問したから、
どれだけの人が買ってくれるのか?
って情報は大切だって事なんだ。

ただ、
言える事は、
属性の低いアクセスを獲得しても、
販売数が増える事は無いよね。

つまり、
どんなにアクセスを増やしても、
興味の無い人のアクセスを増やしていたら、
全く売れないって事。

ここで考えて欲しいのは、
ある統計で訪問者数と販売数の比率を出して、
訪問者の10%が買ってくれているのが極々普通の制約率だとします。

あなたのブログでの、
制約率が2%だとしたらどうでしょう。

残りの8%に、
どんな理由を付けますか?

統計や比率って、
一概に言えない部分があるけど、
でも、
参考には間違いなくなる数字なんだよね。

だから、
訪問者数が増えると、売り上げが上がるって言うのも間違いではない。

そして、
逆に、
アクセス数が増えているのに、売り上げが上がっていかないのも、問題があるよ。
その時は、
集めているアクセスの属性に間違いがあると考えられる。

っと言う様に、
統計を取ると、
いろんな事が考えられるので、
ただ単に、
分母が増えるだけって言う考え方だけだと損しちゃうから、
気を付けた方がいいよ。

統計や比率を見ると、
その時の問題点が浮き彫りになる事もあるから、
注意が必要だよね。

Amazonアフィリエイト(出版)について。

書籍のアフィリエイトって、
難しそうですよね。
やった事は無いので、
ネタバレがOKなのかNGなのかは、なんとも言えない。

でも、
出版物をアフィリエイトする場合、
買う側が興味をそそる内容が良いと感じる

その場合、
結末が分かっちゃうのと、
結末が分からないのとか、
どんな内容にしたらワクワクしてくれるのか?
って事の方がまずは考える事なんじゃないかな。

その上で、
結末を書いた方が良いのであれば、
Amazonに直接質問する事をお勧めするよ。

実際に直接聞いてみた方が、答えは出しやすいよ。
===回答終わり===

カレーライスを食べたいお客さんにソバを勧めてもなかなか食べてもらえないよね。

好きだったら可能だけど。

広告の世界で、
全く興味のなかった人に関心をもってもらうって言うやり方もあるんだけど、
そうそう簡単にはいかない。

って事は、
やはり、興味・関心のある人にターゲットを絞る方が効果は高いよね。

ただ単に訪問者数を増やすだけだったら、
誰にでもできる。

でも、
いかに興味・関心のある、
「属性の高いお客さんを獲得できるのか?」がポイントだよね。

だから、
SNS とかで、
フォローする相手も、
いかに属性の高いお客さんを見つれられるのか?がポイントになるよ。

ただ単に、被リンクを増やす事もアクセスアップには大切なんだけど、
いかに属性の高い人へのリンクを増やすのか?と言う事に重点を置いてフォローを増やす事が大切だよね。