嫌われる勇気は自分が楽しんで書く事

「嫌われる勇気は自分が楽しんで書く事」とは?

記事を書いていて、
「これ書いたら嫌われちゃうかなぁ?」とか、
「読者が離れるかなぁ?」なんて思いながら記事を書いていないか?
嫌われる事を気にしていたら、好きな事を書けないよね。

ブログを始めると、
誰にでも読んでもらいたくなりがち。

ついつい、
「こんな事を書いたら嫌われる」とか、
「こんな事を書いたら読者が離れる」と思って、

書きたい事をセーブしている人って多いよね。

そりゃー、
あまり極端な事をかくと嫌われちゃうよね。

例えば、
あまりにエロネタすぎたり、
右翼思想が強かったり。
※好きな人はいるけど。

そして、
誰にでも読んで欲しくて、
当たり障りの無い文章にしようと思って、
教科書や参考書的な文章になって、
あまり感情とか思いが伝わってこない。

これだと、個性が全く伝わってこない。

無意識のうちに、
皆に好かれたくて、
八方美人的な文章を書いてしまってないか?

答えを書いちゃうと、

多くの人に読んでもらえる様に書いた記事ってね、

超つまんないんだよ。

だから、
あなた自身を表現して、
あなたの思いを乗せるのが一番面白い。

あなたの思いを載せると言う事は、
「感情表現」をする事。
これが一番伝わり易い。

では、どうやって感情表現をするのか?

それはね、
楽しんで記事を書くと言う事。

簡単に言っちゃうけど、
結構簡単じゃないよね。

じゃぁ、
どうやって楽しんで記事を書くのか?
と言うと、

ありのままの想いをストレートに伝えること。

「こんなこと言ったら嫌われるかな?」
「怒っている内容はヤバイかな?」
「日記は書いちゃダメかな?」
など、

あまり深く考えなくていいんだよ。

もっと、楽に楽しんで文章は書くべき。

なぜかと言うと、
「あなたが楽しんで書いた文章って、読み手にも伝わるから。」

逆に
なんとなく仕方なく毎日記事を書いている人の文章って、
マジつまんなく感じる。

日記にしても、
いまだ体験したことの無い内容だったら、
伝え方で価値のある内容にする事は可能だよ。

ちなみに、
このブログを読んでくれている人なら分かると思うけど、
僕は良くプライベートな記事もアップしている。
わざとプライベートネタを突っ込んでるんだけど、
何気にアクセス取れるんだよね。

理由は、
僕が結構楽しんで書いている記事だから、
アクセスも伸びるし、
結果的に検索エンジンの評価のアップにもつながるから。

例えば、
恋愛において、
あなたは、
誰にでもイイ顔する人と、
自分だけど愛してくれる人と、
どっちを選ぶ?

僕なら、
自分だけを愛してくれる人を選ぶ?。

ブログも同様で、
八方美人的な記事を書いても、
誰にも刺さらないし、
「また読みたい!」なんて思わない。

だからね、
記事を書く時は、
ターゲットを1人に絞って、
楽しんで記事を書く事が大切。
そうする事で、
読者やファンは作れるよ。

野球も一緒で、
巨人ファンは結構いるよね。
でも、
アンチ巨人なんか、
エライイッパイいるでしょ。

だからね、
嫌われる事を恐れずに、
自分の思いをストレートに表現して、
本気の記事を書けば、
「また読みたいって思ってくれるし、ファンにもなってもらえる」。

もっともっと記事を読んでもらうタメの方法を
記事にしているよ。
是非、読んで欲しい
ライバルから差をつけ、記憶に残るブログを作る3つのメソッド