ブログで商品を売る事のできない理由

「ブログで商品を売る事のできない理由」とは?

「好きなんです!」
「付き合ってください!」
って、見ず知らずの人に突然言われたら、
あなたはどうする?

この記事を読んでいるあなたは、
普段は「買い手」だよね。

でも、
いきなり「売り手」になったら、
あなたは「買い手」の気持ちを考える事はできるだろうか?

例えば、
洋服を買いに行く時、
当然、お店にはいるんだけど、
お店に入ったら速攻で、
店員さんが声を掛けて来て、
「どんな服をお探しですか?」
「今はこんな物がお勧めですよ!」
「当店のお勧めはこれなんですが、いかがですか?」
と、
詰め寄ってきたら、
あなたは、どうする?

僕だったら、
す~~~っと、お店からフェイドアウトか、
「うっせ~んだよ!」って言って、やっぱり出て行くか、
この2つの選択かなぁ・・・

一度、
試しに、
詰め寄ってくる店員さんがいるお店に行って、
店員さんの話に乗ってみたんだけど、
「げぇ~、げんなり^^;」って感じだった。

せっかくお店に買いにきたんだから、
自分で好きな服を選ばせて欲しいんだよねぇ。
そんで、
店員さんが来るのは、
僕が、
「すんませ~ん、ちょっといいですかぁ?」って
 呼んだ時だけにして欲しい。

なんで、こんな話しをいきなりしたのかと言うと、

ブログを検索していて、
「これは?」って思ったブログに入った時に、
記事が商品のレビューばかりだったり、
広告をぺたぺた貼りまくってたりしたら、
ゲンナリしないか?

これって、
先程書いた、お店の店員さんと一緒で、
売る気マンマンで、
来店してすぐに、
商品の説明をされたら、
買う気がなくなるよね。
これと同じ現象が起こっているんだよ。

ブログは集客用の媒体だと言う事を覚えておこう!

更に言うと、
ブログは、
お店の入口だと言う事。

お店の入口で、
イロイロと、
商品の説明や売り込みをされても、
嫌になるだけだよね。

だから、
売り込み感は全く出さず、
絶対に商品は売らないと、
自分に念を押しておこう。

そして、
商品を紹介するのは、
本当に欲しい人に紹介すると言う事。

そして、
無料で有益な情報を出し惜しみなく伝えて、
読者との信頼関係を構築する。

商品を案内するときは、必要な人に案内すればそれでオッケー。

そして、
案内する物が分かりやい特典や理解が加速する特典を付けてあげれば良い。
貴方にしかできない特典を付ける事で読者さんは安心して購入する。

そうすれば、
自然と売れるようになっていきます。

常に有益な情報をあげて、信頼を勝ち取る事を意識してください。

これが出来ないと、なかなか信頼してもらえないし、売ることすらもできません。

編集後記

いきなり貴方が「好きです付き合ってください」と、
知らない人から言われたらどうするだろう。

僕だったら、
最大限反応を緩くして、
「お友だちからで」と言うと思う。

恐らく素直な感想は「こいつおかしんじゃね?」だろう。
ナンパするんでも、
もうちょっとやり方がある。

なんにでも順番があるし、
例外は殆どないと思ってる。

そう考えたら、
まずは信頼される事が一番。

そして、
この人と付き合うと「こんなに良いことがあるんだ」と言う事が感じられると尚良い。
やはり、
メリットが無いと人は動かないんだよ。

コメント

  1. 美鈴 より:

    冴木さん、初めまして。
    ランキングからやってきた美鈴です。

    うう・・・!
    売り込みだらけのブログ・・・
    まさに私のブログのようです(笑)

    売り込むよりも先に「有益な情報」を提供して、
    訪問者に信頼されないとですね。

    もう1度自分のブログを見直してみようと思います!

    応援していきますね。

    • befourc-affili より:

      美鈴さん
      訪問有難うございます^^
      あら・・・
      売り込みばかりでしたかぁ。
      それは大変!
      がんばってくださいね。
      コメント有難うございます。
      またの訪問、お待ちしてます^^